スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コニャック族の女たち。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

念願のタトゥーの男たちに会えて、感無量の私たち。
来るかどうするか…すんごく迷ってたけど、来る決断をした過去の私たち…
まじナイスだぜ。

車に乗り込み、もう帰るのかなと思っていたら、ドライバーが一言。

「ここはモロン。」

と、別のモロンへと案内してくれまして。



モロンっていくつもあるんだねーなんて話して、何の気なしに足を踏み入れると…


あぁぁぁぁぁん。

いるやんけ。
まだ顔面タトゥーのおじいちゃんいるやんけ!

みんな長寿だわ。



こちらのモロンにいた方たちは、先ほどのモロンよりも少し年齢層が若めな印象。
装飾もゴテゴテしてないし。

このモロンの中では楽器を彫っていて、モロン毎に担う役割っていうのが違うのかもなぁって。

少しお話をして、モロンを出たとき、私たちの目に映ったのは何ともかわいらしい教会。



行ってみたいねということで、そちらまで足を延ばさせてもらうことに。

日曜日の今日は、集落に子供たちが溢れていてにぎやか。
カメラを向ければ、恥ずかしがったり、アピールしてきたりと個性豊かな子供たち。









そして、子供たち以上にはしゃぐお母さんたち・笑

「ほら!あんた写真撮ってもらいなさい!」
と子供たちをけしかけてたかと思いきや、

「私も撮って!」
とキャッキャと騒ぎ出したり。





素敵な村だわ。

すると、1人の男性が近づいてきて、流暢な英語で話しかけてきました。
モンに来てから、こんなに英語を話せる人にめぐり合っていなかったので、疑問に思ってたことを色々質問させてもらったり。
ちなみに、昨日の記事で書いたことのいくつかは彼から教えていただいた情報。

こんなところでは何だからと、彼のお宅でお茶をいただくことに。
話を聞くと、彼はかわいい教会の神父さん一家らしく、過去にはインド国内で英語の先生もしていたというから納得。

お宅の中は、ここら辺の地域の一般的な造りだという。
囲炉裏があって、保存食があって、お母さんたちが料理をして…
タイムスリップしたような懐かしいお家。



そして、ありがたいことに、ご飯を食べていってくれとお誘いを受けて、ちゃっかりご馳走になることに。
ドライバーさんは近所の知り合いとお話を楽しんでいるらしく、嫌な顔せずに待っていてくれました。

振舞っていただいた料理は、中々にインパクトのある…素材の味を生かしたものばかりで、楽しませていただきました。
スモーク状になったお肉をいただいたんだけど、これがまたおいしくて!
ビール!!って言いたくなる味でした・笑
味付けがしょっぱいのは、寒い地方あるあるなのかなぁ…としみじみ思ってみたり。



本当、出会いってありがたい。



この人に出会ってなかったら、この村のことについて理解できてなかったと思うもん。
タトゥーの人たち見て、疑問だけ持って、おしまい。的なね。

温かい家族に見送られて、さぁ、帰るぞ!と車へと向かう途中。

最高に気になる集団発見!!



あれ!
首狩り族の女たちだ!!


ファッションが独特。

そして、彼女たちの足にもタトゥーが施されてる。
デザインもまたみんな同じ。
面白い。



最初は訝しげな目で見ていた彼女たちも、自分が写ったカメラの画面を見て興奮・笑
色々な表情をしてくれました。





最後の最後に、またいい出会いがあった。

コニャック族の女性の姿もまた、一見の価値あり!です。



大満足の1日を終えた私たち。
そして、この日、得た情報の中に気になるものがあったのです。

それが、モン村にはキングのキングがいると・笑

ここら辺一体を治めているのが、モン村のキングなのだそう。
何かもう、キングの定義が分からなくて混乱してくるわ!

でもまぁ、キングのキングと聞いたら…
会ってみたくなるのが私たち。
ということで、翌日、出発までの時間にモン村まで行ってみようということになったのでした。


では、この話の続きはまた次回!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

顔面タトゥーの首狩り族の男たち。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

モンでチェックインした宿で仮眠をとった私たち。
疲れは残っているけど…
時間もないので、なんとか情報を求めなければ。

ということで、
宿のお姉ちゃんに、顔面タトゥーの人に会いたい旨を伝える。

困り顔のお姉ちゃん・笑

悩みに悩んで、

「いるかどうかは分からないけど…ホンポイ村へ行ってみたらどうかな?
前に来ていたドイツ人旅行者がすごくよかったって興奮してたから。」


と、なんとも、ふわっとした情報。
でも、今はその情報にすがるしかない。

そして、今日は日曜日!
キリスト教徒のみなさんは絶賛休息日中!!

TAXIすら走ってません。

ここで、お姉さん助け舟。
知り合いのTAXIドライバーに聞いてみてくれることに。
ここまで来たら、多少高くても行くしかないよね…と心を一つにするアラサーたち。

無事にホンポイ村までの足を確保できたのでした。
ちなみにホンポイ村とモンの往復で1500ルピー。
高い。


しかしこのホンポイ村までの道のりは、中々すごくて。
え?ここ走る?みたいな道をひたすら登っていくんです。

途中、崖から落ちた車を目撃したり…
戦々恐々な道のりで、ぞっとしました・笑

そんな道を抜けると、ちらほらと家が見えてきて、小さな集落が現れました。

そろそろかな?
とドキドキしていると、あるお家の前で車を止めました。



そしてドライバーが一言。

「ここ、キングの家。」


きんぐ…
キング…
KING…

え?キング??

そうなんです。

このモンの地域にはコニャック族と呼ばれる民族が多く住んでいて、いまだに王様がいるのだそう。
とはいえ、感覚としては集落のリーダーって感じのようだけど。

だけど、キングと聞いたら、なんだか興奮してきちゃうじゃない??

しかも、家のまわりには先日コヒマ村で見たような動物の骨が飾られてるしさ…
いきなり来た私たちの首狩られちゃうかも!きゃーーー!!
なんていう妄想してみたりね・笑

まずはキングに挨拶しなきゃということでドライバーさんは寄ってくれたみたいなんだけど。
まさかのキング不在。


なんだよ。ドキドキし損じゃないか。

再び車は走り出し…ってほんの数十メートルくらい・笑
止まった先にあるのは、モンゴルのゲルみたいな形をした建物。
ここで、ドライバーさんがまた一言。

「ここはモロン。」

も…モロン。
ここがモロン!!

えーと。
モロンというのはですね…
若い結婚前の男の子が集団で生活する場所なのですが…
ここで、自分より年上の男性から様々なことを学んでいたそうなんですね。

耕作の仕方だとか…狩りの仕方。
はたまた、夜這いのかけ方まで。

若い男の子たちは、ここで男になっていったのですね。

そんなロマン溢れるモロンが…今私たちの目の前に!
と、若干興奮気味の私・笑


車を降りて、モロンの様子を伺うと…



み…
ミ…
ミエちゃん…

いる。
いるよ?
タトゥーの人…めっちゃいる!


まさかの首狩り・コニャック族の男たちが、モロンで火を囲んで集会中!




こんなに興奮する私は久しぶりです・笑
後にミエちゃんに「あんなに興奮してるところ初めて見たよ」と笑い話にされるくらい。


そして、勧められるがままにモロンの中へと足を踏み入れる私たち。





キングもここにいました。
まずはキングにご挨拶。

そこからはご歓談タイム。
皆さんの写真を撮らせてもらったり、装飾品を見せてもらったり。





もう…
興奮の中をふわふわ泳いでる感じ。



顔に施されたタトゥーは皆同じデザインで、胸元にも施されていた。





このタトゥーは15歳になったときに女王様から彫ってもらっていたのだそう。

首狩りの文化はイギリス人によって布教されたキリスト教の影響によって廃止されたというが、それまでは村同士の争いや侵入者などに対して相手の首を狩っていたのだという。

これはほんの50~60年ほど前の話。
文化ってすげー。
そのため、このタトゥーを施している男性たちは70~90歳のおじい様ばかり。
この光景を見ることができるのも、限られているのだと思うと、本当に貴重な体験をさせてもらってるなって。

でもね。
モロンで火を囲む様子だけを見ていると、公民館に集まってアレコレ話してるだけのおじいちゃんって感じなのよね。
それだけに、彼らがかつては人の首を狩り、力を誇示していたんだと思うと不思議。

そして、キングの一声で数人の男たちが立ち上がり…

「うぅぅぅぅーーーーー…」

と声を上げながら円を作り動き出した。



何事かと戸惑っていると、それは歓迎の歌とダンスだったようで、感激。

言葉もろくに通じず、いきなりやってきた異国の人間を嫌な顔もせずに受け入れてくれる彼ら。
ありがたいね。
うれしいね。


だけどね、気になったのが、その様子をちらちら伺う若者たちの姿。

いまどきの子らしく、髪の毛を染めて、携帯を片手に写真を撮る。

顔面にタトゥーを施している彼らとのギャップがものすごいけど…
この若者たちは間違いなくコニャック族なのだよ。

伝統とか文化とかって面白いね。


なんか、この感覚…
海外の人が、日本人に「サムライーーー!」って声をかけてくる感じを彷彿とさせるわ。
この地でも、ほんの数年もすれば、「首狩りーーー!」って声かけると、ハイハイってなるんだろうな・笑

え?
分かりにくいって??笑
大概私の頭の中はよくわかんないのよ。


モロンを離れたあと、再びキングのお宅へ。






キングの奥様。
そう。クイーンも存命でして。

でもね、脳疾患のため麻痺があり15年ほど前から寝たきり状態なのだそう。
そんな状態にもかかわらず、キングは会っていってと案内してくれて部屋の中へ。

多分言語障害もあるのかな。
言葉は出なくとも、目を潤ませながら歓迎してくれたクイーン。

寝たきり状態にもかかわらず、彼女の様子はすごく清潔で、愛情を持って介護されているんだなっていうことが伝わってきて暖かい気持ちになれた。


みーんな優しい。
素敵なホンポイ村。

キングに挨拶をして、
ほんの少しのお金を渡して、キングのお宅を去りました。



でも、まだまだホンポイ村散策は終わりません!

ということで!次回も引き続きホンポイ村での出会いをご紹介ですぞ!!


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コヒマからディマプール…そして、モンへの移動!

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

体調不良…(というか、私は生理)
だけど、今回のこのミエちゃんとの2人旅は期限付き。

先を急がなくてはいけないのは分かってるんだけど、時間もなくて、ルート作りに難航。

というのも、私たちの目標である顔面タトゥーの首狩り族に、どこで会えるのかの情報が少なすぎる。
地元の人ですら、「え?」っていう表情で、もうみんな死んでるんじゃない?みたいな事を言ってきたりする。

そんな中、前回の記事に書いた宿の青年が、
「もしかしたら、モンへ行けばいるかもしれないよ」
と教えてくれたのである。

よし!
モンに行ってみよう!とはならないのが私たち。


コヒマからモンへ行くには、ナガランド州内で移動するよりも、一度ディマプールまで行ってからアッサム州を経由して行くのがベターだというのだが。(コヒマーモン間の道はかなり険しいらしい)
交通手段についての情報まではみんな持っておらず、期限までに帰れるかが微妙…
私たちは、ディマプールからコルカタまでのフライトチケットを取っていたので、ゴールはディマプールだったんですよね。

悩みに悩む私たち。

会えるか分からない首狩り族…
色んなことがありすぎて、地獄だったはずのコルカタが恋しくてならなくて…
フライトチェンジできないかということまで電話してみたり・笑


で!
悩んだ挙句に出した答えは!!

結局、とりあえずディマプールまで行ってみようということに。

コヒマからディマプールまでは、乗り合いTAXIを利用。
所要時間2時間ほど。220ルピーでした。
多分バスは、私たちがインパールから乗ってきたやつに乗れると思われます・笑


そうしてたどり着いたディマプール。
都会だわ!
コヒマがナガランドの州都らしいけど…どう考えてもディマプールのほうが都会。
久しぶりにごみごみとした道を歩きます。

鉄道駅の向かいにローカルのバスターミナルがあり、そこでモン行きのバスについて聞くことに。

普段はローカルバスもあるけど、この日は運休だという張り紙が…
ああ無常。
ちなみに普段は300~400ルピーほどの料金だそう。


ここまで来たら諦められないのが私たち。
何とかして行けないか…
聞き込みをすると、なにやらプライベートバスもあるというではないか!!

リクシャに乗り込み、バス会社のある通りへと連れて行ってもらう。



ドキドキ。
そして、バス会社に到着して、モン行きについて尋ねると…

バスあるってーーーー!!!

夕方に出発するとの事で、所要は10~12時間。料金は500ルピー。


モンからディマプールへ戻るバスについても聞くと、毎日運行しているとの事で、何とかフライトの日までに戻ってくることができそう!!
ということで、安心してモンへと旅立つことができました!


だがしかし。
移動でスムーズに行くことがないのが私たち。

今回の試練は…
モンに到着したのが早朝3時だということ・笑

眠さをこらえつつも、何とか宿を探さなければいけないんだけど…
いかんせん、何もない。

早朝3時。

だけどね。
どんな試練のときも、地元の人たちの優しさってのは変わらなくってね。

同じバスに乗ってたお兄さんが、一緒に宿をあたってくれたのですよ。
ミエちゃんと一緒に・笑

私、バスの中で荷物番。


人の優しさがうんと身にしみるわぁ…
と思っていたのもつかの間。

宿、満員でダメだったと、ミエちゃんがバスに戻ってきたのでありました。

そして、ミエちゃんからの一言。
「このあたり、何にもないわ・笑」

どう頑張っても、この暗闇の中宿探しは厳しそうということで…
朝までバスの中で待たせてもらうことに。


本当、ありがとうねぇ。

それに…本当2人旅でよかった。
こんなこと、1人じゃできなかっただろうよ。


そんな思いにふけりながら、目覚めた朝。
もう一度宿探しへ。

断られた宿しか見当たらず…再アタック。
すると、本日チェックアウトの予定ありとの事で、しばし待ち、無事にチェックインを果たすのでした。


一休みして…
時間のない私たちは、首狩り族を求めて情報収集です。

この日。
私たちは興奮の1日を過ごすことになるだなんて…
思ってもみなかったのです。


さぁ!
次回!!いよいよ首狩り族の登場です!!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

首狩り族に会いたくて…コヒマからのキサマ村。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

インドの北東部にあるナガランド州。
ここへやって来たのにはとある目的がありまして。

実はね、このナガランドって地元インド人ですら危ないから行くのはやめなさいって言うところなんです。
というのも、このナガランド州にはかつて首狩り族と呼ばれる民族が存在していたのであります。

この首狩り族の男たちの顔にはタトゥーが施されているのだとか。

会いたい。
この首狩り族に会いたい!!


アラサー女子2人の思いは重なり…
はるばるナガランドへとやって来ることになったのですがね。


そんなわけで、ナガランド州・コヒマ。

今日は、コヒマの町から程近い、キサマ村へと行くことに。
顔面タトゥーの男たちについて聞き込みするも、ここでは見られないよと言われ、がっくり肩を落とす私たちに、宿の子がおススメしてくれたのがキサマ村。

どうやって行けるか聞くと、友人がTAXIの運転手をしてるから紹介するよと。

このパターン。
苦手です・笑

貧乏バックパッカーをしている身としては、相場を調べて、値段交渉して…っていうのが当たり前になっているので、友達紹介は相場が分からない上に、だまされることもあるんですよね。

しかし、この日は2人とも体調不良・笑

宿の人たち、親切だし、いいんじゃないか?
ということで、お願いすることに。

そして、TAXIに乗り込む私たち…と宿のお兄ちゃん?!

ええ。
宿のお兄ちゃんも同乗です・笑

彼は宿のオーナーの息子なのかな?23歳で、普段は大学に行っているとのこと。
中々感じのいい青年で、色々話をしてくれます。

何よりも驚いたのは、先日書いた、第二次世界大戦でのインパール作戦について詳しく語ってくれたこと。

「第二次世界大戦の日本は強かった。インパールでの問題は食料の問題だけだったんだ。その問題がなければ、勝てていたんだ。
日本は負けてしまったけど…インドは独立を果たすことができた。
日本はすごい国だよ。強い国。」

私たちよりも日本が行った戦争に詳しい年下の彼。
こんなにも力強く語ってくれる異国の若者。
なんというか、いろんなことに対して、ただただ凄いなって。

戦場になった地に生きる彼らにそう語らせる、私たちの先祖。

さて、現代に生きる私はどうだろうって。
愛国心って言うと、なんか違和感だけど…日本人であることをいつまでも誇りに思っていたいね。
そう思えるような国を担える大人になっていかないとね。
もう30になるけど・笑


そんな会話をしながらの車内。
あっという間に目的のキサマ村に到着です。



・・・。

なんか、思ってたのと違う??

どうやら、キサマ村はナガランド州のお祭りがある際に会場となる村なようで。
普段はいわゆる民族の家屋の展示場みたいな様相。


ま、来たからにははしゃがせていただきます。

ということで、いくつかの民族のお宅を。










全部でいくつの民族の家があったんだったかな…
全ての家の前で2ショットを撮る!を目標にはしゃいでたんだけど、途中でその遊びにも飽きるアラサー。

いやー、しかし、似ているようでいて違うお家のつくり。
中々面白いもんですよ。

でもね。
私たち、こういうのじゃなくて、本物を見たいのよね・笑
ま、面白かったんだけど。


そして、再びTAXIへ乗り込み、次に向かったのは教会。

ここら辺の人はイギリス統治下の影響か、キリスト教徒が多いのね。
ちなみに、後に聞いたことなんだけど…首狩り族の文化が失われたのも、このキリスト教の影響が強いのだそう。

教会…内部には入れず、外観のみの見学。



扉に描かれた模様も、独特でかわいらしい。



この教会がある場所は、少し高台になっていて、コヒマの町並みを眺めることもできておすすめ。



しかし、我々の体調不良はじわじわと観光体力を奪い…
この日の観光はこれにて終了。

付き合ってくれてた宿のお兄ちゃんも、え?!っていう表情だったけど。
体調不良を告げると納得してくれて、すぐに宿へ戻ってくれた。
優しい子だわ。


そして、TAXI代なんですけど。
最初に一応大体の値段を聞いておいたんですけど。

観光終了後に、再度確認をしたら…
お兄ちゃんってば、
「君たちの好きな値段でいいよ」って。

ちょ。
親切にもほどがある!!

ということで、最初に聞いていた値段をお支払いさせていただきました。

本当。
インドなのにインドとは思えないホスピタリティだよ。

どこのインド人だよ。
ナガランドが危ないだなんて言ったやつ!
よっぽどナガランドのほうが安全だわ・笑

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ナガランド州・コヒマへ移動…魔裟斗?!

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

さぁ、今日こそインパールから移動!

昨日と同じようにパッキングして宿を出発する私たち。
無事にインパールから抜け出せるのか…若干の不安。

バス乗り場へと到着し、運行について確認すると、今日は大丈夫だよと安心の一言をいただきました。

よかったー。

さて、そんな私たちが向かう先はナガランド州のコヒマという町。
お値段400ルピー。
インパールを朝出発して、到着したのは…確かちょうど日が暮れる頃だったと記憶しているので…
中々の長旅・笑



ということで、バスチケットを見せて、行き先確認。(今日ここ重要)
荷物を預けて、バスへと乗り込みます。

このバスはコヒマ行きではなくて、同じナガランド州のディマプールという町までのもの。

バスの中は地元の人でいっぱい!
なんだけど、みんな私たち外国人に興味津々で、英語のできる人たちはこぞって話しかけてくる。

ここでも、日本人だということを知るとキラキラした目で「おぉー!日本!!」と喜んでくれる。

「どこへ行くんだ?観光か?学生か?」
「コヒマへ行くの。観光だよー!」

なんて会話を楽しみながら、バスはクネクネ山道を走ります。


そして、時間的にもそろそろかな?
なんて思っている頃に、バスは止まり、何人かの人が道路へと降りていきます。

コヒマかな?ときょろきょろ。
バスのスタッフの子とも目を合わせるも何も言われず。

多分、次がバスターミナルなのかな。と思い、そのままバスは走り出しました。

うん。
私たちも、ここでちゃんと確認しておけばよかったんだよね…。


バスがある程度走ったところで、町を抜け、再びクネクネ山道へ。

これは…まさか??と思い、
「コヒマ?」
と確認。

その瞬間、スタッフの顔が驚きに変わりまして。

「コヒマはもう過ぎたよ!」

いやいやいやいや。
過ぎたじゃないから。

私たちはコヒマに行きたいのよ。
バスに乗るときに赤いTシャツのお兄ちゃんに言ったよね?チケットも確認したよね??
なんで過ぎちゃうのよ?

そして、ゆっくりと止まるバス。

告げられる一言。
「TAXIつかまえて行って。」


ということで、戦いの火蓋は切られました・笑

それはないでしょうと、この旅何度目かのゴネを繰り広げる私たち。
そんな私たちに、とりあえずバス降りてと言うバスのスタッフ。

ここで2人して降りたら、発車される可能性もある…と読み、ミエちゃんがぼそりと一言。

「戦ってきて。」

おぉぉぉぉ…

えーと。
わたくし、普段は激しく感情的にキレるタイプではなく、あんまり怒りを爆発できないんですね・笑
反して、ミエちゃんはちゃきちゃきの関西女。爆発力なら誰にも負けないレベルでして。
この旅では、キレるミエちゃんにうまいこと相乗りしながら過ごしていた私。

ここで、私の力を試される時が来るとは…。

ミエちゃん…私に任せて!!

と思ったかどうだったか・笑

そんなミエちゃんは、バスに残り、乗客たちに事の次第を説明し、彼らを味方につけることに成功しておりました。
さすがミエちゃん。頼れるぜ。


バスを降りた先にいたのは…
格闘家・魔裟斗によく似た甘いマスクの青年。

魔裟斗…きゅん。

としながら、文句を言う。
めっちゃ怒ってるのよ!という表情を作りながら、文句を言う。

でも、相手は魔裟斗…ドキドキ高鳴るハート・笑

そんな彼がはにかみ笑顔で、
「一緒にディマプール行く?」
なんて聞くもんだから、思わず、うん。って頷くところだったじゃないのよ!

ディマプール行かねーよ!!笑

そんなふうに弄ばれながら、戦っていたんだけど。


彼らも非は自分たちにあるということを十分に理解しており、結局のところ、TAXIをつかまえ、その代金もちゃんと払ってくれました。

魔裟斗が悪いわけじゃないのに、ごめんねって謝ってくれて。
むしろ、私もキレちゃってごめんね。演技だったのよ?許して。とは言ってないけど・笑

大本の原因であるはずの赤いTシャツの青年は、最後の最後まで、私たちに見つからないようにと隠れてましたけどね。


うーん。
毎回、スムーズに行かないね。
移動。

そして、ありがたいことに、このTAXIの運転手さんが宿を案内してくれて。
拒否されることなく、チェックイン!
たったそれだけのことだけど、嬉しくなれるのが北東部の旅あるあるな気がする・笑

運転手さん、ネパール出身で、宿にもネパール出身のスタッフがいて。
ここら辺はネパールからの出稼ぎ者も少なくないらしい。
何か、意外でびっくり。


夜は、宿に併設されてるレストランからルームサービスしてもらってご飯にしたんだけど…



ここらへんは塩茹でしただけのまるごとキャベツをドンと出すのが普通なようで。
これがね。
おいしくて・笑

油ぎっとりや、カレー味に疲れている胃袋に何とも優しい。

そして、私がドはまりしたのが、唐辛子!!

この地方には、世界一とも言われるほどの辛さを誇る唐辛子があるのだけど。
その唐辛子をご飯のお供的な味付けにしたやつが、めっちゃうまくて!

辛いものが大好きな私にはたまらない。
これとご飯とキャベツだけで生きていける・笑

本当、瓶詰めにして持ち歩きたいくらいでした。


胃袋も満たされて…
シャワーを…と思ったら、まさかの水道トラブル・笑

バケツに水を張って、電熱コイルでお湯を作るという…何とも地道な努力。



さ。
明日は張り切って観光だぞ!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。