「10カ国目・イギリス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは…ロンドンなんですね。

リアルタイムはフランス・パリ。

オシャンティの町ですね…。寒いーーー。

************

久しぶりの飛行機に乗り、インドを後にします。

向かった先は、
イギリス・ロンドン!!

今までのアジアからガラリと気分を変えてのイギリス。


イギリス入国に関しては、1つ心配なことが…

というのも、
イギリスは入国審査が厳しいという話なんですね。

日本に戻るためのチケットを持っていないといけないとか、
貯金額を聞かれるだとか…

もちろんのこと帰国のチケットなんて持ってないわけで。
ドキドキの入国審査。


審査官に何かを質問されるということ自体が久しぶり…
いや、下手したらはじめてかもしれない・笑

ありきたりな
「入国の目的は?」
「滞在期間は?」
っていう質問すら今までまともにされていないっていうのも問題のような気がするけど…。

ありきたりな質問でもドキドキの私にとっては不安でしかないわけで。
英語の試験を受けている子供みたいな気持ち。


そして、
ついに来ました。

「日本へ帰国のチケットは持っていますか?」

あわわわ。
『これから他の国をノープランで周るので持っていません。
次に行くフランス行きのバスチケットなら持っています。』

ちょっと渋る審査官…。

頼むー。
このまま行き場がなくなるのだけは避けたいよーーー。

「今お金はいくら持っていますか?」

「銀行にはいくらありますか?」

等と質問をされ…


無事に入国スタンプを押してもらえました!!


よかったよーーー。
かなり挙動不審にどもりながら答えてた自分に笑えてくるけど…
入国できちゃえばこっちのもんだい!


そんな久しぶりの大冒険から始まったイギリス・ロンドン紀行。

一先ず目指すは今夜の宿。
宿と一言で言っても、
今までのようにはいかないのがヨーロッパ。

今までは、
町に行けば何となくの安宿街なるものがあって、
そこを目指せば飛込みで気に入った宿をゲットできていたのです。

が、ヨーロッパはまさに日本と同じ。
物価は高いし、
食事にしても観光にしても、交通費にしても…

ましてや宿代なんて恐ろしいほどに高い。

どれをとっても…
安くても今までの3倍以上はするでしょうか…。


恐怖。
ヨーロッパ。

それでも、できるだけ楽しみきりたいのがこの私。
ケチケチしてちゃ何もできないじゃんね!!


ということで、
ケチったのが宿代。
というと語弊があるかな。

私の求めるスタイルにも合っているから決めたんだけど。


それが、カウチサーフィンというもの。

はじめて聞いた人もいるでしょうか?
家族の皆さんはそれこそ初耳でしょうね。この制度。

海外旅行だとかをする人が他人の家に宿泊させてもらったり、一緒に食事だとかをしたり…
お互いの信頼だとか、思いやりだとかの優しさで成り立っているような仕組み。

ちなみに無料です。

詳しい仕組みだとかはまた後日書くかもしれないということにして・笑


そんなカウチサーフィンを利用して、
私も現地のお宅に無料で宿泊させていただくことに!!

泊めてくれる方との待ち合わせ時間に間に合うように、必死の移動。


そして、無事に時間に間に合った…ギリギリー。
少し待ったところで
リンちゃん登場!

ロンドンでの私のホストです!!


彼女は日本語を話すことができるので、
何の問題もなくコミュニケーションが取れます。

素敵・笑

そこから彼女のお宅へ移動。
ロンドンのローカルな場所へと進んでいきます。

ロンドンといえば…
の、あの赤バスに乗って、
インドとは違った美しい町並みを楽しみながらの移動にちょっと興奮。

ぴたりと整列した家の並びにロンドンっぽさを感じます。
緑の多さ、広い公園の多さにロンドンっぽさを感じます。


うん。
ここはロンドンなんだね!

改めて実感です。

リンちゃんは同じく日本語を喋れるエミリーとシェアハウスをしています。
家に行くとエミリーがお出迎えしてくれて、
3人で日本語で会話を楽しみます。

イギリスっぽく紅茶を片手にね。

そして、
夜はリンちゃんがパスタを作ってくれて、
3人でワインを飲みます。

幸せね。

明日からは本格的にロンドン観光…。
時差が少しきついけど、
楽しむぞー!!


*************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。