スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師を辞めた今。

今日はまじめモードで書くよーーー笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
**********

と、宣言通り、今日はまじめに気持ちを綴っていこうかな。


私が世界一周に行こうってリアルなものとして考えたのも、「仕事をやめたい」って思いがあったからなわけで。

そして、なんだかんだで、東京での看護師生活3年3ヶ月生活ピリオドを打ち…
看護師始めてから5年3ヶ月
さよならを告げたわけです。

仕事辞めて、10日以上が経ちますが、頭の中に浮かんでくるのは病院で働く自分。

もう仕事したいなぁって思ってる自分がいるんです。


テレビで医療ものを目にすると、
今まではしんどくて目を反らすこともありました。


でも、今はじっくり見て、やっぱり看護したいなぁって思っちゃってるんです。


不思議なものですよね。

世界一周のことよりも、仕事のことを考えてる。



私は救命救急センターといわれるところで勤務していたのですが、
ここでの3年間は本当にしんどかったです。

どんな仕事をしていてもそうでしょうが、1年1年、新たな悩みが生まれて、それに追われる。
私の場合看護師として5年という経験しかないわけですから、常に新たな悩みとの戦い。

救命センターという環境に飛び込んでしまったが故に…しんどさばかりが…


おっと、愚痴になるところだった・笑



そもそも、看護師になって初めて配属されたのは外科(消化器・乳腺)・整形外科病棟でした。

ここでの2年間は本当に看護師としての大切な感情を育ててくれたと思っています。


人の生き死にを仕事にするということをとても考えさせられましたし、
新人の自分の不甲斐なさを何度も感じました。


その不甲斐なさを強く感じたのは
患者さんが急変したとき、動けない自分。

隣の病棟から駆けつけてくれた同期が動いてくれてる現実。


自分たちの病棟の患者さんなのに、ほかの病棟の看護師に助けてもらってるという悔しさがありました。

このままここにいたら、ダメだと思って東京に出てくることになったんですが…


やーーーしんどかった・笑


何もかもが違う環境で
こんな風に患者さんと関わりたいのに関われない、

自分がだんだん嫌な看護師になっていく、

自分の目指す医療ができない…


ジレンマの毎日でした。


多分、世界一周という思いがなくても
早々に救命センターでの看護生活は終えていたと思います。


ただ、ここでの時間で新たに気づくことができた自分の目指す看護。

命を救う看護ではなく、人生を救う看護をしたい。


救命センターで働いていなければ、気づくことができなかったかもしれないこと。
大切な宝物です。


宝物といえば!
ここで出会った同期も大切な宝物です!!!

この同期たちがいなければ、こんな気持ちで仕事を辞めるにいたってないと思います。

つらい事も、あほみたいなことも、とにかく笑って支えあった仲間。


何物にも変えがたい大切なものですよね。
DSCF2732_convert_20120705130822.jpg



人生何が起こるかわからないからこそおもしろいし

それこそが私の大切な人生



さーーー!!
世界一周に向けて前進前進!!!



♪嵐:ワイルドアットハート

*************
世界一周ランキング参加中!!

ワンクリックしていってね!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。