スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの警察署で仲介してもらう。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

興奮のホンポイ村から一夜明けて、今日はモン村へ行くことに。

とはいえ、この日は夕方にはディマプール行きのバスに乗り込まなければいけないため、駆け足での短期決戦です。


バス乗り場の近くにTAXI乗り場もあり、そこで交渉するところから始めます。
なんとか話をつけて、モン村へと向かうのですが...このドライバーさん、なんとも英語が微妙でして。

このドライバーさんとのコミュニケーションが後にまた事件を起こすのですが...その話はまた追い追い。


モン村への道のりは、昨日のホンポイ村への道を考えるとかなりスムーズ。
あっという間に到着です。

このモン村。
昨日お伝えした通り、キングのキングがいるという村。

そして、調べたところによると...とあるサイトにこんな情報がありました。

モン村ではアヘンを吸う男たちを見ることができるかもしれないと。

なにやら、コニャック族。
元々、非常に優れた技術を持っていて、自分たちで鉄砲を作っていたりもしたのだそう。
それを恐れたイギリス軍がアヘンを持ち込み、男たちをアヘン中毒にさせたのだとか...。


おいおい。
もう、どこから突っ込んだらいいのやら。

そんな情報からの先入観。
モン村、怖いな。

って、昨日のホンポイ村も同じコニャック族なんだけどね。


モン村へと車は進み、キョロキョロ周囲を伺う私たち。

アヘンを吸う男たちどころか、人っ子一人いないんですけど(笑)
拍子抜け。

そして、車はキングのキングの家の前で止まった。
ドキドキ。

どんな男が現れるのかしら...
期待に胸を膨らませ、出てきたのは...


大学生くらいの男の子。


えーと。
私たちキングのキングに会いに来たんですけど。

まさか、君?
キングのキング??



そうなんですね。
そのまさかなんですね。

予想外すぎる展開。

こんなに若いだなんて。

ちなみに、この彼のお父さんが前キングらしく...
一応聞いてみる。
「お父さんはタトゥーあるの?」

答えはNO(笑)

おじいちゃんもNOだって(笑)


モン村にタトゥーある人が存命か聞いてみるも、いないとの答え。

昨日のホンポイ村の長寿っぷりに驚くばかり。
ガックリ肩を落としながら、村を散歩してみるも、やっぱり人はいなくて。

やっと見つけた!と思った味のあるおばあちゃんに声をかけるも、手を出して、金よこせと...
もう、何から何までガッカリ。

ま、皆さん、静かに暮らしたいんですよね。
お邪魔しちゃってごめんなさいね。


そんなわけで、このままでは引き下がれない私たち。
時間にもまだ余裕がある。

ドライバーに、さらなる情報を求め、とある村を紹介される。
悩んだ結果、よし。行ってみようということに決めたのでございます。

が...
辿り着いた村の名前が聞いていたのと違うような気が。

それでも、ホンポイ村のように、タトゥーの男たちを見ることができれば...また印象は違ったでしょう。

この村もまた、人っ子一人おらず(笑)

出てきたキングとやらも、普通のおっさん。

それでも、一応、村の広場やモロンを見て回り...
首を狩られた人間の墓石なんかを見て、衝撃受けてみたり。



記念撮影してみたり。




でも、目的のタトゥーの男たちがいない。
キングに聞いてみるも、この村にはいないと言われる始末。

ドライバー!
いる言ったやんか!!

しかも、そもそも話してた村と違うやろ!!

とちょいキレ。


すると、
仕方ないというかのように、一軒の家に案内される。



あれは...



いるじゃん!
いました。
タトゥーの男いました。

けど、この村にはこの男性しか存命していないと。

益々、ホンポイ村すげーな(笑)


そして、写真を撮らせていただいたんだけど...
ドライバーから、お金渡してと告げられ。

まぁ、それは仕方ないかなと理解して、お金を渡したんですがね。


村を去る間際に、キングが金よこせと言い出しまして。
目が点です。
じいさんには渡して、俺にはくれないのかと。
しかも、その金で酒を買うんだからと。

知らんわ!


そして、何故かドライバーがお金を渡すという。
なんなん?そのシステム。

やっぱり違う村に連れてこられてたみたいだし。

最後の最後に、何でこんなに気分悪くならなきゃいけないんだ?


そして、モンの街へと戻り、お金を支払う。
が、ここでドライバーともめる。

料金交渉した値段以上の請求をしてきたのである。

要するには、お互いの言語コミュニケーションの問題なんだけど。
言葉が通じないから、もめるにももめきれず。

結果...

警察署へと行くことに。

ドライバーが、「警察署に行く!」と言い出し、私たちも「構わん!連れてけ!!」と答えたのがきっかけだったんだけど。

本音、インドの警察官は基本的に私たち旅人に親切ではない印象があり...
言葉が通じなかった場合、私たちに不利にしか働かない恐れもあり...
内心ヒヤヒヤである。

しかも、私たち時間ないし。


だけど、ここで戦わないわけにもいかず。
私たち、怒ってるんだからねっ!そして困ってるんだからー!てへ。みたいな雰囲気を出しながら警察署で英語できる人がいないか聞く。

すると、警察官の皆様が優しく対応してくださる。

ドライバーが、現地の言葉で怒鳴りながら事情をガーーーーッと話す横で、この子たちからも話し聞くから黙ってとたしなめる警察官。

これは...なんて常識的なインド人!


そして、私たちの立場での事情を説明。

いやらしい話、旅中のこういう時、女っていうだけで物事は有利だったりする。
それを理解した上で、表情や言動を演じたりする。

どの程度、効力があるのかは定かではないが(笑)
同じく旅中の男の子たちの話を聞けば聞くほど、揉め事で女子は得してるなと思うことは多々あるもんね。


そんなわけで、最終的には私たちの思っていた値段でOKだということになり、警察署を去るのでした。

先ほども書いたけど、今回の問題の原因は言葉が通じない故に起こったこと。
そこは警察官の方々も両者の話を聞き、理解していただいたよう。

ドライバーのおじさんには、少し申し訳なさは感じるけど...一言も言ってない、違う村に連れて行くとかは完全に許せない行為だし。


でも、旅中の、こういう揉め事って少し心が荒む。
今回のことも、ドライバーが100%悪いのかといえば、それは違うし。私たちにも悪いところはあったわけで。
なんとなくスッキリしないし、心も荒むのである。

特に今回のミエちゃんとの二人旅では、よくもめる(笑)

読んでくれてる人も、こいつらいつももめてて、気分悪いなー!って思ってるんじゃないかと心配でございます。
笑いながら読んでてもらえると、嬉しいんですけどね。書いてる本人が、何であんなにもめたかなぁと凹みながら書いてるからな。


さ、ミエちゃんとの二人旅もいよいよ次回!最終章!!


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。