スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コニャック族の女たち。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

念願のタトゥーの男たちに会えて、感無量の私たち。
来るかどうするか…すんごく迷ってたけど、来る決断をした過去の私たち…
まじナイスだぜ。

車に乗り込み、もう帰るのかなと思っていたら、ドライバーが一言。

「ここはモロン。」

と、別のモロンへと案内してくれまして。



モロンっていくつもあるんだねーなんて話して、何の気なしに足を踏み入れると…


あぁぁぁぁぁん。

いるやんけ。
まだ顔面タトゥーのおじいちゃんいるやんけ!

みんな長寿だわ。



こちらのモロンにいた方たちは、先ほどのモロンよりも少し年齢層が若めな印象。
装飾もゴテゴテしてないし。

このモロンの中では楽器を彫っていて、モロン毎に担う役割っていうのが違うのかもなぁって。

少しお話をして、モロンを出たとき、私たちの目に映ったのは何ともかわいらしい教会。



行ってみたいねということで、そちらまで足を延ばさせてもらうことに。

日曜日の今日は、集落に子供たちが溢れていてにぎやか。
カメラを向ければ、恥ずかしがったり、アピールしてきたりと個性豊かな子供たち。









そして、子供たち以上にはしゃぐお母さんたち・笑

「ほら!あんた写真撮ってもらいなさい!」
と子供たちをけしかけてたかと思いきや、

「私も撮って!」
とキャッキャと騒ぎ出したり。





素敵な村だわ。

すると、1人の男性が近づいてきて、流暢な英語で話しかけてきました。
モンに来てから、こんなに英語を話せる人にめぐり合っていなかったので、疑問に思ってたことを色々質問させてもらったり。
ちなみに、昨日の記事で書いたことのいくつかは彼から教えていただいた情報。

こんなところでは何だからと、彼のお宅でお茶をいただくことに。
話を聞くと、彼はかわいい教会の神父さん一家らしく、過去にはインド国内で英語の先生もしていたというから納得。

お宅の中は、ここら辺の地域の一般的な造りだという。
囲炉裏があって、保存食があって、お母さんたちが料理をして…
タイムスリップしたような懐かしいお家。



そして、ありがたいことに、ご飯を食べていってくれとお誘いを受けて、ちゃっかりご馳走になることに。
ドライバーさんは近所の知り合いとお話を楽しんでいるらしく、嫌な顔せずに待っていてくれました。

振舞っていただいた料理は、中々にインパクトのある…素材の味を生かしたものばかりで、楽しませていただきました。
スモーク状になったお肉をいただいたんだけど、これがまたおいしくて!
ビール!!って言いたくなる味でした・笑
味付けがしょっぱいのは、寒い地方あるあるなのかなぁ…としみじみ思ってみたり。



本当、出会いってありがたい。



この人に出会ってなかったら、この村のことについて理解できてなかったと思うもん。
タトゥーの人たち見て、疑問だけ持って、おしまい。的なね。

温かい家族に見送られて、さぁ、帰るぞ!と車へと向かう途中。

最高に気になる集団発見!!



あれ!
首狩り族の女たちだ!!


ファッションが独特。

そして、彼女たちの足にもタトゥーが施されてる。
デザインもまたみんな同じ。
面白い。



最初は訝しげな目で見ていた彼女たちも、自分が写ったカメラの画面を見て興奮・笑
色々な表情をしてくれました。





最後の最後に、またいい出会いがあった。

コニャック族の女性の姿もまた、一見の価値あり!です。



大満足の1日を終えた私たち。
そして、この日、得た情報の中に気になるものがあったのです。

それが、モン村にはキングのキングがいると・笑

ここら辺一体を治めているのが、モン村のキングなのだそう。
何かもう、キングの定義が分からなくて混乱してくるわ!

でもまぁ、キングのキングと聞いたら…
会ってみたくなるのが私たち。
ということで、翌日、出発までの時間にモン村まで行ってみようということになったのでした。


では、この話の続きはまた次回!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。