スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガランド州・コヒマへ移動…魔裟斗?!

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。


【2015.4】

さぁ、今日こそインパールから移動!

昨日と同じようにパッキングして宿を出発する私たち。
無事にインパールから抜け出せるのか…若干の不安。

バス乗り場へと到着し、運行について確認すると、今日は大丈夫だよと安心の一言をいただきました。

よかったー。

さて、そんな私たちが向かう先はナガランド州のコヒマという町。
お値段400ルピー。
インパールを朝出発して、到着したのは…確かちょうど日が暮れる頃だったと記憶しているので…
中々の長旅・笑



ということで、バスチケットを見せて、行き先確認。(今日ここ重要)
荷物を預けて、バスへと乗り込みます。

このバスはコヒマ行きではなくて、同じナガランド州のディマプールという町までのもの。

バスの中は地元の人でいっぱい!
なんだけど、みんな私たち外国人に興味津々で、英語のできる人たちはこぞって話しかけてくる。

ここでも、日本人だということを知るとキラキラした目で「おぉー!日本!!」と喜んでくれる。

「どこへ行くんだ?観光か?学生か?」
「コヒマへ行くの。観光だよー!」

なんて会話を楽しみながら、バスはクネクネ山道を走ります。


そして、時間的にもそろそろかな?
なんて思っている頃に、バスは止まり、何人かの人が道路へと降りていきます。

コヒマかな?ときょろきょろ。
バスのスタッフの子とも目を合わせるも何も言われず。

多分、次がバスターミナルなのかな。と思い、そのままバスは走り出しました。

うん。
私たちも、ここでちゃんと確認しておけばよかったんだよね…。


バスがある程度走ったところで、町を抜け、再びクネクネ山道へ。

これは…まさか??と思い、
「コヒマ?」
と確認。

その瞬間、スタッフの顔が驚きに変わりまして。

「コヒマはもう過ぎたよ!」

いやいやいやいや。
過ぎたじゃないから。

私たちはコヒマに行きたいのよ。
バスに乗るときに赤いTシャツのお兄ちゃんに言ったよね?チケットも確認したよね??
なんで過ぎちゃうのよ?

そして、ゆっくりと止まるバス。

告げられる一言。
「TAXIつかまえて行って。」


ということで、戦いの火蓋は切られました・笑

それはないでしょうと、この旅何度目かのゴネを繰り広げる私たち。
そんな私たちに、とりあえずバス降りてと言うバスのスタッフ。

ここで2人して降りたら、発車される可能性もある…と読み、ミエちゃんがぼそりと一言。

「戦ってきて。」

おぉぉぉぉ…

えーと。
わたくし、普段は激しく感情的にキレるタイプではなく、あんまり怒りを爆発できないんですね・笑
反して、ミエちゃんはちゃきちゃきの関西女。爆発力なら誰にも負けないレベルでして。
この旅では、キレるミエちゃんにうまいこと相乗りしながら過ごしていた私。

ここで、私の力を試される時が来るとは…。

ミエちゃん…私に任せて!!

と思ったかどうだったか・笑

そんなミエちゃんは、バスに残り、乗客たちに事の次第を説明し、彼らを味方につけることに成功しておりました。
さすがミエちゃん。頼れるぜ。


バスを降りた先にいたのは…
格闘家・魔裟斗によく似た甘いマスクの青年。

魔裟斗…きゅん。

としながら、文句を言う。
めっちゃ怒ってるのよ!という表情を作りながら、文句を言う。

でも、相手は魔裟斗…ドキドキ高鳴るハート・笑

そんな彼がはにかみ笑顔で、
「一緒にディマプール行く?」
なんて聞くもんだから、思わず、うん。って頷くところだったじゃないのよ!

ディマプール行かねーよ!!笑

そんなふうに弄ばれながら、戦っていたんだけど。


彼らも非は自分たちにあるということを十分に理解しており、結局のところ、TAXIをつかまえ、その代金もちゃんと払ってくれました。

魔裟斗が悪いわけじゃないのに、ごめんねって謝ってくれて。
むしろ、私もキレちゃってごめんね。演技だったのよ?許して。とは言ってないけど・笑

大本の原因であるはずの赤いTシャツの青年は、最後の最後まで、私たちに見つからないようにと隠れてましたけどね。


うーん。
毎回、スムーズに行かないね。
移動。

そして、ありがたいことに、このTAXIの運転手さんが宿を案内してくれて。
拒否されることなく、チェックイン!
たったそれだけのことだけど、嬉しくなれるのが北東部の旅あるあるな気がする・笑

運転手さん、ネパール出身で、宿にもネパール出身のスタッフがいて。
ここら辺はネパールからの出稼ぎ者も少なくないらしい。
何か、意外でびっくり。


夜は、宿に併設されてるレストランからルームサービスしてもらってご飯にしたんだけど…



ここらへんは塩茹でしただけのまるごとキャベツをドンと出すのが普通なようで。
これがね。
おいしくて・笑

油ぎっとりや、カレー味に疲れている胃袋に何とも優しい。

そして、私がドはまりしたのが、唐辛子!!

この地方には、世界一とも言われるほどの辛さを誇る唐辛子があるのだけど。
その唐辛子をご飯のお供的な味付けにしたやつが、めっちゃうまくて!

辛いものが大好きな私にはたまらない。
これとご飯とキャベツだけで生きていける・笑

本当、瓶詰めにして持ち歩きたいくらいでした。


胃袋も満たされて…
シャワーを…と思ったら、まさかの水道トラブル・笑

バケツに水を張って、電熱コイルでお湯を作るという…何とも地道な努力。



さ。
明日は張り切って観光だぞ!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。