スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッカでバングラさんとご対面した話。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.4】

お腹に爆弾を抱えた状態で、目的の宿までどのくらいの時間を要するのかわからないという恐怖。

ドキドキしながらも先へと進む。

毎度の地元の人の優しさに助けられながらの移動。
まずはリクシャに乗り込み、目的地へ行くバスの乗り場まで。
そこでローカルバスに乗り込み、空港近くまで大移動。

ダッカの町の印象は、
この町、建築法とかあんのかな?地震なんてあった日には終わりだなと。
そう。もう建物が、乱雑に立ち並んでいて、見た目がすんごい・笑



そして、渋滞がすごい。
そのほとんどが恐ろしくカラフルなサイクルリクシャ。
日本で言うところのデコトラみたいな?
運転手のセンスでカラフルにデコられたサイクルリクシャは見ていて本当に楽しい。



雑多で渋滞の町。
カラフルさからか、すさんだ印象は受けなかった。

バングラデシュは世界で最も貧しい国のひとつとも呼ばれているが、
そういった印象もなかった。

そんなことを思いながら、宿の近くまで来た。

だがしかし。
ここらへんのはずなんだけどねと迷子になっている私たちに、近所の人が衝撃の事実を教えてくれた。

「あぁ、移転したよ?」

移転・・・。

詳しく聞くと、ここからそんなに離れていないところらしく、迷うことなくサイクルリクシャに乗り込む。

そんなこんなでたどり着いた宿。
お腹もいい子にしてくれてて、爆発せずに済んだ・笑

数日振りにWifiも通じて、ゴロゴロの一日。

この日したことといえば、
ATMでお金を下ろしたってことと、近くの鉄道駅に次に行く町のチケットを買いに行ったくらい。


さて、その翌日。
この日はミエちゃんの知り合いのバングラさん(JICAから派遣されている日本人)と会うことになっていまして。

張り切ってお出かけです。



バングラデシュは政治関係で暴動が起きたりと、ここ数年色々と安定していなく、この1月からはJICA派遣者は外出禁止令を出されるほどの事態になっていたそう。
やっと落ち着いてきたとのことで、この4月に禁止令は解除され、バングラさんも数日後には赴任先へと戻ることになっていました。
私たちは、このバングラさんから現地の情報を聞いてバングラに来ることを最終決断したりしていました。社会情勢を追っていくことって、旅においては本当大事。
政府のホームページの渡航情報って、リアルタイムに追いついてないような気もするので…自分でアンテナを張っておくことってすごく大切なことだと思う。とか言ってて、すげー危機管理薄いタイプの人間ですが・笑

そんなわけで、バングラさんとご対面。
ひとまずご飯。

私の強靭なお腹は、すでに腹下しとの戦いに勝利を収めていたので…
食べます・笑
気にせず食べますぞい!!


食べたのはカレーと…魚のボールみたいなやつ。



これ、好き嫌い分かれそうだけど…私は好き。


その足で、グルシャンという地域へ。
ここらへんは各国の大使館があったりと少し高級なところなよう。

バングラさんに秘密の場所を教えてもらったり、ちょっとおしゃれなカフェでお茶してみたり。
あぁ、バングラにもこういうところがあるんだなって印象を受けた。

その反面、町を歩けば物乞いも多くいるわけで。
貧富の差っていうのはとてつもなく大きいのかもしれない。

それに、都市間の貧富の差も感じた。

だけど、貧しいって感じないんだよね。
物乞いもどこか楽しそうにしてるのも印象的だったし。

これは後日談なんだけど…
石井光太著の神の棄てた裸体という本を読んだのね。
ここにはバングラデシュの物乞いについても書かれてて、私の感じたバングラとは違う世界があった。
今回私は表面的なバングラを覗き見してきたに過ぎないんだけど…
もう少し気にしてバングラを覗いてみたかったなって思った。

というわけで、バングラ行く前の情報収集として読書をお勧めします・笑
(バングラに限らずだけどね…)

そして、この日の夜は、バングラデシュでのもうひとつの目的であったある場所へと潜入してみたのですが…
その話は次回!!!



****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。