スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱万丈なバングラ2人旅が本格的にスタート!

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.4】

バングラデシュ入国を果たし、最初に目指したのはクルナという町。
シーズンの水量によっては、ここからロケットスチーマーが出発しているという情報があったから。

まずはATMでお金を下ろし、クルナ行きのバスに乗り込む。

バスに乗り込む直前に雨があたりだし、その雨はすぐさま打ちつけるようなスコールへと変わった。
そんな急激な天気の変化に、濡れずにバスに乗り込めてよかったねーなんて話していた。

この雨が、我々にバングラ最初の恐怖を与えてくれようとしていたことは、まだ知らない…笑


まず最初の違和感。
「なんか、あたるんだけど…」



ん?
そんなよくわかんないことを言うミエちゃんのほうに顔を向けると、明らかに天井から雨があたってる・笑

まさかのバス雨漏り。

座席を移動して事なきをえる。
って、バス雨漏り…笑
すごいな。バングラのバス!と笑っていたのもつかの間。

走り出したバスのフロントガラス。
明らかにワイパーがない!!

これでもかと打ち付ける雨に対し、このバスはワイパーなしで走り出すという恐怖。
そして、何故か内側からタオルで窓を拭く男の子2人。

いや、問題は内側じゃなくて外側だから。
そう突っ込みたかったのは私たちだけではないようで。
後ろの席に座ってたおばちゃんも、でかい声で「ワイパー!ワイパー!!」を連呼していた。

そうだよね。
そう叫びたくもなるよね?
前が全く見えないんだもん。

すると、今度は窓を拭いていた男の子たちが頭にビニール袋をかぶりだす。

まさか??

2人はバスの外へと駆け出し、風の影響で道を遮っていた木々を人力でどかしていた…
衝撃・笑



乗り込んだとき、このバスにスタッフ2人とか過剰じゃない?と会話していたことを反省いたします。

このバスにスタッフは2人。絶対に必要です。

もうね、とてもじゃないけどバスでくつろぐなんてできず。
雨が落ち着くまでは、死を覚悟しながらの旅路でした。

これ、もし1人だったら…すでにへこたれてたレベル・笑

さて、そんなクルナの町までの道のり。
バスで3時間ほど。150タカ。

到着の頃には雨も上がり、安心して歩けるねーと一息ついた…
のも、一瞬だった。

バスを降りた先は、
川?笑



ちょ。
運転手さん。川じゃなくて道路に下ろしてよーーー!

・・・。

まさかの道路が川の様相。
バングラデシュは世界一洪水の多い国なのだとか。
なるほど納得の瞬間。

ズボンを巻くりあげ、水の中を歩く。
とにかく、我々が目指すのはロケットスチーマーなのである。
多少濡れるのは致し方ない。
むしろ、あのスコールに当たらないだけで十分じゃないか!!

川の中を走るサイクルリクシャのおじさんに、ロケットスチーマーのオフィスへと連れて行ってほしいと声をかける。
が、英語は通じず…
そこらへんを歩いていた人がワラワラと集まり、我々は目的地を主張。
すると、リクシャのおじさんが分かったから乗れと。

ふう。
一安心しながらも、川の中を走るサイクルリクシャを堪能。



だがしかし。
降ろされた場所を見て、不安感。

・・・。
絶対ここじゃない・笑

なんか、キリスト教関連のコミュニティーのようで、シスターが対応に出てきてくれた。
困惑顔のシスターと同じく困惑中の我々。

とりあえず中へということで、お邪魔して待っていると、韓国人で英語の少し喋れるシスターが出てきた。

彼女にロケットスチーマーのオフィスに行きたかったのに、何故かここに連れてこられて…と説明。
シスターによると、今日はもう船はないというが…どうも、この人と私たちの思う船が違っているような気がして説明するも、理解されず・笑
「今日は私たちのコミュニティーに泊まっていきなさい」という優しいお言葉にグラリ心揺れながらも、もう少しロケットスチーマーにすがってみようと、感謝を述べてまた歩き出す私たち。

そこから町の人に声をかけてはサイクルリクシャに乗り込み、あーだこーだとあちらこちら。

そして、最終的にはロケットスチーマーのオフィスまでたどり着き、情報を得ることができたのです!!!

「ロケットスチーマーは今、クルナからは出てない。モルルゴンジという町から毎日、朝10時に出てるよ」

モルルゴンジ…
ここから結構南の町だな。

すでに空は暗くなっていたけど、途中の町まで少しでも進んでおこうという結論に達し、バゲルハットという町まで移動。
宿あんのかな…?

とバスを降りた瞬間停電で辺り真っ暗・笑

しかし、宿はバスターミナルの真横にあった!真っ暗すぎてゴーストハウス感半端ないけど!!

翌日も早朝出発であることを考えると、なんていい立地。

そんな移動だけの初日。
だけど、とてつもなく色々な衝撃があった1日。
久しぶりに、手探りの旅だなぁと新鮮な気持ち。

ポジティブな気持ちで初日を終えられるのは、明らかにミエちゃんと一緒だから。
うん。
2人なら何とかなる!

まさか、翌日…あんなことになるとは…
夢にも思っていなかったのでした…

つづく。

ふふふ・笑

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。