スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、インドさん。さよなら、旅。

再出発のインド編6/6話目。


ストレス、ストレス。

そんな私の元に。

なんと。

一緒にバングラに行こうとしていたみえちゃんがやってくることに!!


みえちゃん、南インド初上陸!笑

いやー。
持つべきものはインド好きの旅女子です。
フットワークくそ軽い。


だがしかし、
このとき私の不正出血問題が佳境に入りまして。

みえちゃんがやってくる日に病院受診。
そして、それはまさかの数日間続くことに…。

ま、不正出血問題についてはまたあとで書くことにして。

みえちゃんが来ると知ったときから、インド人男性陣は大喜び。

誰が彼女をモノにするか!なーんてことを真剣に会議してるんだからうける。
軽くあしらわれておしまいだと思うよ?という私の意見には目もくれず。

まぁ、
そんな彼らの姿も可愛いもんですわ。
(と今は思えるが、当時はイライラしてしょうがなかった・笑)

そしてみえちゃんが来てからは、一緒に酒を飲んだり、お茶したり、何か食べたり。
楽しく過ごしましたねー。



んでもって、
バレンタインデーの日。

みえちゃんと私は、マハーバリプラムを離れてポンディチェリーへフレンチを食しに。
日帰りで行ってこれるのがまた気軽でいい。



そーいや、みえちゃん、この後どこ行ったんだっけ??
記憶にない・笑

うん。
のんびりとマハーバリプラムで一緒に過ごして、みえちゃんはまた、インドのどこかへと旅立っていかれました。



さて、不正出血問題ですが。
何がどーなったかは、以前のブログ(今日、帰ります。)に書いたとおりなんですが。

保険利用で、インドのですね、大きな病院にキャッシュレスで通院したんですね。
まーーー、いちいちめんどくさいの!!笑

インドの病院は先にお金を払わないといけないのね。

例えば、まず医者に診てもらう時点でお金。
医者に指示出された検査を受けるのにお金。

そんなわけだから、その度に事務所的なところに行って、
キャッシュレスの手続き。

でも、そうでなければ、インド人たちの群がるところに自分で飛び込んでやり取りしなくちゃいけなかったから、
そういう意味では助かったのかな・笑

ちなみに、何枚か写真を撮ってきたので一緒に載せておきましょう。

検尿カップ。ちっちぇ。



採血のヒトコマ。じゃらっとアクセサリーのついた素手で採血してくれました。
その姿にびっくりはしたものの、手技自体はお上手でした。
彼女はきっと、採血の針刺すときに写真撮るこいつなんなんだ?!状態だったでしょうね・笑



レントゲン撮影のときはキレイな検査着を手渡され、日本と変わらない機械の元で撮影。
5Sの掲示物があったりと、言葉の違いこそあれ、ほとんど日本と同じ。





これ以外にも心電図とかエコーとかやってきたんだけど、日本と同じだった!
経膣エコーのときは棒にコンドームつけて、私の中に…笑
このとき、わが身よりも、このナイスなシャッターチャンスのときにカメラを持ち合わせていないことを後悔してましたからね。
まぁ、それこそやってる側からしたら、変な日本人扱いされたでしょうけどね。

ちなみに、医者からの説明だとかは全て英語。
さすがにね、医療用語を英語でっていうのはキツイ。

看護師じゃなかったら、私、泣き出していたかもレベルだね。
診てくれた医者も、私が日本で看護師をしていたって言ったからか、わりとあっさりとした説明で終わったし。

「あなた、何となくこれわかるわよね?じゃあ飛ばして説明するわ」
的なね。

ま、解剖生理を英語で説明されても全くわからないからいいんですけどね・笑


そんなわけで、
なんだかんだ言いながらもインドでの病院体験をかなり楽しませていただきました。


楽しんだはいいけど、ここからがちょっとした苦悩の日々の始まりでもありまして。

日本へ帰国することを決めたはいいけど、
今後のことがまったく見通しが立たない状態。

日本に帰って、子宮さんの処置をして、どのくらいで旅に復帰できるのか?
長くなるとしたら、それまでの日本での生活費はどうしようか?
旅の資金も少なくなってきていましたから、とにかく金銭面での不安が結構ありました。

いつ旅に戻れるかわからないのであれば、1回日本で働くか…
そんな考えが頭をよぎり。

それじゃあ、何をして働くのか。
どのくらいをめどに働くのか。
どこで働くのか。

1つの案に、付随してたくさんの考えなければならないことが。

いくつもの案を自分に提案しては、考え、悩み。


そして、それは私が旅を始めてから向き合っていた問題。

「旅を終えたら、私はどう生きていくのだろうか?何をするのだろうか?」

今まで漠然と向き合っていたことが突然リアルになった瞬間でした。


答えは完全に出ることはないのだけど、
旅を中断してからの時間を無駄にもしたくない。

1年以上世界を旅して、得たこと。
それを日本で活かすチャンスなのだから。

なんか、もう何してんだろうって。
ネガティブにもなっていたけど。


少しずつ自分の中で考えがまとまってきてからは
やる気が出てきて。

単純だな。
自分。

って思ったけど、そうやって私は旅をしてきたし。
多分これからもそうやって生きていくんだろうなって。


現在。
あれから約1年弱。
無事に旅を再開しています。

そして、次回からはこのインドの後の日本での生活の記事を書いていく予定なのですが、
約1年前。

このタイミングで一度日本に帰ったのはよかったのかもしれない。


旅をそのまま続けていても、きっと楽しかっただろうし、色々な出会いがあったり、ハプニングがあったり、
私らしく過ごせていただろうと思う。

だけど、日本での生活を経て、また気持ち新たに自分の中での課題や目標が出来た状態で旅が再開できてる今を嬉しく思うし、
それは、日本に帰らないと気づくことのできなかったことばかりだった。


女として、
不安に駆られた不正出血問題。

結果は前に記事にした通りなんだけど。(干物のおサボりブログ再開です!
いいことも悪いことも含めて私の人生。

うん。
これにて再出発のインド編、完結!!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。