スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の徘徊ベルリン。

リアルタイムは北欧のどこか。

ちなみに、どうでもいいけど、今日は弟の誕生日です。
おめでとう。

**************

パスポート更新を終え、
無事にホストの家に戻ってきた私。

そこでヘンリーが一言。

「今日、韓国人の子が泊まりにくるからー。
前にうちにカウチサーフィンに来たことがある子なんだけどね!
夜、みんなで韓国料理食べにいこうか??」

おぉ…
初日のドミトリー状態から、いつの間にか1人になっていた私。

またもやドミトリーになるのですね!!


と、若干楽しみ・笑


しばらくは部屋で休憩して、
ヘンリーがお迎えに行って…

ご対面!

可愛らしい韓国人のウンジュ!!


まぁ、親しみやすい子。


しばし歓談し、3人で韓国料理へ。

ウンジュは現在トルコでトルコ語を勉強中なのだとか。
トルコ語も日本語や韓国語と文法が似ているので学びやすいんだとのこと。

うーん。
あえてのトルコ語っていう選択が面白い・笑

そんなわけだから、
韓国料理が恋しいんだそうな。

とはいえ、
ここはドイツ。

日本料理もそうだけど、海外で出される郷土料理ほど当たり外れのでかいものはない!!

ウンジュもそう考えていて、最初あまり乗り気ではなかった・笑


だがしかし。
実際に行ってみると、そこは韓国!!
注文も韓国語でできちゃうし!!

ウンジュは全てが嬉しいようで、めっちゃ、はしゃぐ!!


頼んだのはキンパという韓国風の海苔巻きとビビンバ。

1口食べて、ウンジュ。

「おいしいーーーーー!!嬉しいーーーーー!!!」

今まで以上のはしゃぎっぷり。


その様子がまぁ、可愛いのなんのって。
韓国の子って、
最初は笑わなくて、つっけんどんな感じの子が多いイメージですけど
内に入ると、本当感情豊かな素敵な子が多いと思います。

こういうストレートさって、
ある意味最も私には欠如したものだと思っているので
すごくうらやましい!

真似でもしてみるか!って思ってみても、
どうも、行動そのものが浮く感じ・笑


うーーーん。
どうやったら自然にそれが出せるようになるんだろうか。
帰国後の婚活に向けての課題です。


さて、
韓国料理を満喫した私達は、
夜のベルリン観光をすることに。

これが、
私にとっての地獄となるわけです・笑


広いベルリンの町をただただ歩く。
観光スポットではしゃいで写真を撮る。
その間、ずっと英語で喋る。
というか、日中もこの日は大分歩いてる。
もっといえば、日中も同じところ来た。


では、写真をどうぞ。

1005122_10151375277126653_1054238592_n.jpg

ヨーロッパ一高いというTVタワー。

971637_10151375278591653_1732218049_n.jpg

ベルリンの壁。なんだけど、この横は日中に来たダリ美術館。

1012105_10151375277441653_1307153158_n.jpg

ベルリンのシンボルらしく、そこらじゅうにいるクマと。



あーーーーー疲れたよーーーー!!
帰宅時間2時とかだよー。
眠いよー。

と、ひとしきり文句言いましたが・笑

夜のベルリンは綺麗だね。
こんな機会がないと、夜の町を歩くなんてことはあまりないから
結果的には良かったと思う。

1人だと確実に来ていないようなところに行ってるし。
有意義!


ムスリムの国、トルコ滞在中のウンジュにしてみたら
こんな風に夜まで女が歩けるなんて、なんて素敵なんだ!
ってすんごく嬉しそうにしてたし。


私はまだ行ったことがないからイメージ湧かないんだけど…
ここで話したことは、きっとトルコに行ったときにまた思い出すんだろうなぁって。
それもまた楽しみ。

帰宅後はみんな即寝しました・笑


***************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。