スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅人口コミNO1の町。

リアルタイムはインド・マハーバリプラム。

連日くそ暑いです。

*************

ゴアを後にして行く先は…
ハンピ。

このハンピという町、
インドに来るまでは知りませんでした。

ただ、インドに来てからの知名度はすごいものがあります。
インドを旅する日本人の多くがハンピが1番好きだといいます。


口コミではNO1だと思います。
とはいえ、あまり過度に期待しすぎて後で後悔するのも嫌なので…

そこそこに期待しておいて、
行ってから感動しようという計画の下動き出しました・笑


移動手段は寝台バス。
これが1番ベターな交通手段のような気がします。
ちょっと高いけどね…。

ということで、
夜ガタゴトと結構揺られながら道を進みます。

日が昇る前に目が覚めました。
チラッと窓を覗くと、
薄い群青色した空に、シンとたつ遺跡と岩。

もうね、自分が違う時代にやって来ちゃたんじゃないかっていう不思議な感覚を体験しましたね。


これがハンピかー。
心がドキドキと興奮です。

すでにハンピの口コミは間違ってなかったかな?とさえ思えてくるていう単純さ・笑


はい。
そんなわけで予定到着時刻よりも恐ろしく早い時間にハンピに到着。

夜明け前です…。

降り立ったバスターミナルから見える景色は岩しかなく…
驚くほど暗い地にたどり着いたわけです。

たった1台しかいないリクシャに乗り込み、目的のゲストハウスの名前を告げる。
とはいえ、こんな早朝…大丈夫なのかしらと不安に思うが
リクシャマンは大丈夫!俺が起こすから問題ないよ!!と笑顔。

なんだか温度差感じるーーー。


あっという間にゲストハウスにたどり着き、
寝ているオーナー夫婦を起こし、
無事にチェックインすることができました…。

こんな迷惑な時間にも嫌な顔することなく対応してくれちゃうゲストハウス。
ここは素敵ゲストハウス。

これまた口コミで広がるゲストハウスなのですが。


カルヤンゲストハウス。

インド人のマーサと日本人妻のさきさん、子供のさいちゃん。
家族経営のアットホームな素敵なゲストハウス。

私がチェックインした日に続々と旅行者が訪れて、あっという間に部屋は満室。

早朝の迷惑な客だったけど、泊まれてよかったー・笑


この宿の雰囲気のよさに引き寄せられ、他の宿に宿泊している人たちもやってきて、
オフシーズンとは思えない賑わい。


いい宿に出会えると、それだけで旅はいつもの倍充実したものになる。
その上、ここに集う魅力溢れた旅行者と出会うことができて、もっともっと充実したものになる。

ここカルヤンはそんな風に思える宿ですね。


んで、
問題の観光ですが…
ビックリするほど観光してません!!

なので語れることは何もないのですね・笑


この町は、いたるところに岩がゴロゴロとしていて、
やしの木がドサドサと立っていて、
合間に遺跡だとか寺院だとかが存在していて…

最初にこの町に抱いた感情と何も変わることなく、
違う時代に来たようだと思える。そんなところ。


なんだろ。
ジュラシックパーク的な?
恐竜歩いていても全く違和感のない町。


そんなところで1日過ごしていると、
色々な負の感情が吸い込まれていって、なんだかすっきりとした気持ちになれるんですねー。

すっきりって言うのもなんか違和感だな…
穏やかっていうか…のんびりっていうか…ゴロゴロっていうか??笑

とにかくいい気持ちになれる!!

この町で観光をしていないっていうのは、少しもったいないような気もするけど、
それが今の私の気分だったので良しとしましょう。


インドっていうのは魅力的なところをこれでもかってくらいに持っている。
だから面白いんだなぁ…インド。


************
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。