スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドはサファリパーク。

リアルタイムはインド・ゴア。
今日は夜にかけて移動の予定。

インドの移動も残すところあとわずか…。かみ締めながら移動を堪能しましょうかね…。

*************

ビカネール…
案内してくれていたインド人に、当たり前かのように口説かれ…
軽い性的セクハラを受け…

やっぱりがっかりしてサヨナラしました。


こういうときにインド人が毎度のように言うのが
「日本に彼氏がいたってかまわないよ。インドに彼氏はいないんだろう?」

いや、国が変わったからって彼氏複数持つことがOKにはならないから!
恋愛を何だと思っているんだろうなぁ…
としみじみと考えてみた。

中には本気で好きになったというインド人もいるでしょう。
でも大半が下心のある恋愛ごっこのように思います。

お金を持っているニホンジンと結婚すれば、最高の玉の輿に乗れると考えて声をかけてくるインド人もいます。
これはインド人に限ったことではないですが…
同じ町にそういう人がいたのを見て夢見るんでしょうね。

ニホンジンはフリーセックスの国だって思って、やれるからと声をかけてくるインド人もいます。
日本人が、インド人はみんなターバンを巻いている!っていうイメージを持っているというのと同じ感じでしょうか・笑
まぁこればっかりはクソみたいなイメージですが…日本がこういうイメージをもたれるようなことをしているんだと思うとなんとも言えません。ちなみにこれは日本のAVの爆発的な人気についてね。

このAVに関しては、インドを旅する男性陣もかなりうざく聞かれるようです。
日本女性は本当にあんな風なのか?とかね。
日本にいれば、あれはあくまでも作り物であって…ということもわかるけど、
世界に出回っちゃえばそんなのわかるわけないもんね。

AVでは嫌よ嫌よも好きのうちかもしれないけど…
実際は嫌なもんは嫌なんじゃ!バカヤローーー!!ですからね。

そこらへんがどうもインド人には伝わらない・笑


インド人と恋愛…
こうやって女1人で旅してると、どうも嫌なところしか目に見えないけど、

若いインド人カップルと話をしたりすると
お互いのことをすごく好きあっているんだなっていうのが伝わってくる。
インド人のいいところは、やっぱりその真っ直ぐさにあるんだろうなって…
改めて感じてみたり。

不満も文句もべらぼうに多いけど、
妙に憎めないのがインド人ってやつなのか。



あらら。
完全に今日のネタから外れてしまった。
本日は完全なる飲酒ブログなので、粗相はすみませんが大目に見てください!!

さてさて本題ですが。

インドってね。
一歩外に出るだけで色んな衝撃があるんですね。

その1つが牛。

ヒンドゥー教では牛は神様の乗り物だから、食べたりすることはご法度はなわけです。
もちろん殺すこともダメ。

となると、町に溢れかえるは牛。
数の多い少ないはありましたが、どこの町にも我がもの顔してのそのそと歩いています。
牛様による交通渋滞なんかもざらです。

よくインドを旅すると牛のウンチを避けるのがうまくなるなんて言われますが…
避けるのもうまくなるし、
ぶっちゃけ踏んでも、あんまりへこまなくなります・笑

そのぐらいうんちだらけ。


まぁね、牛ぐらいはインドの醍醐味みたいなものだから…想像していましたよ。


でもね、
インドって国はそれじゃぁ収まらないんです。
インド・サファリパーク!!

群馬サファリパークもビックリの光景が日常に溢れていますから。


日本でも当たり前に見かける犬。
この犬の数も半端じゃない。
そして、くつろぎ方もハンパじゃありません。

そこで寝る?!
みたいなところで寝てます。

そんなフォーメーションあり?!
みたいな状態で寝てます。

気付かず踏んだりした日には、命を追われます…。


お次は猫。
猫はあんまり見かけません。

インド人に聞いたら、ジプシーに食べられちゃうから少ないんだよ!ってことでしたが…
どこまで本当かはわかりません。
でも、この動物社会…猫のような弱い生き物が暮らしていくには厳しいのかもしれません。

私は猫好きなので、見かけると興奮します・笑


北に行くにつれて見かける機会が増えたのがヤギ。
大群のヤギさんを車窓からみることができます。

同様に、西のほうでは羊も見ることができます。

どちらも本当…大群なのでビックリします・笑


バラナシではニホンザルに似たサルに頭を悩まされます。
こやつらは賢いので要注意です。
サルでも、砂漠地方では種類の違うサルをよく見かけました。

水溜りにはブタやカバもいたり…
よくわかんない生き物を見かけたり・笑


そうそう。
砂漠地方ではもう牛とらくだの数は同じです。
って盛りすぎか・笑

でも、らくだだらけになります。
彼らは荷物を運ぶためにあくせく働いています。
車の間に挟まれるらくだとか、結構シュールですよ。


そしてついに驚いたのが、町中を闊歩するゾウ。
ゾウまで現れたか…と衝撃でした。
観光目的とかではないような様相でしたので…

もうここまできたら、
町中に突然ライオンが現れてもさほど驚かないなと思ってきます・笑

虫たちもトカゲさんはいつも宿にいて小虫を食べてくれてるし…
アリさんも必死に働いて、その働きっぷりは私の目を楽しませてくれるし…
ゴキブリさんの存在も恐怖だけど、インドでついに触ってほおり投げるという自分でも考えられない成長を遂げることができたし…


こんなに沢山の数の動物を目の当たりにできるインド。
生き物と共存しているインド。
良くも悪くも、面白い国ですわ。


動物がお好きなあなた!
インド旅行なんていかがですか??


*****************
スポンサーサイト

コメント

No title
あのフジチャンが!?
バッタにギャーギャー言ってたフジチャンが!?
ゴキブリをほおりなげるなんてwww
成長、というかインド人化してるぅーーーwww
Re: No title
マタギヒメさん

やばいよね・笑
考えられないよね…

バッタもね、ちゃんとコップで逃がせるようになったよ!!
え?

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。