スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な思い出。

リアルタイムはインド・プリー。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
*************

お母さんからの荷物も届き、もいせい君と次なる地を目指すべく相談。

その結果、行き先はプリー。

かなりの距離…大移動。
大移動の手段は、電車!!

南インドの移動はバス。
北インドの移動は電車。

っていうのがベターらしい。

ということで、今回は宿の次男が切り盛りしているインターネットカフェ兼チケット代理店?で電車のチケットを取ってもらうことに。


行き先と日にちを伝えると、
翌日にチェンナイからプリー近くのブバネーシュワル行きのスリーパー席が空いているという。
というか、他は空いてないって。
出発時刻も遅くて少し悩んだけど、希望のスリーパーだって言うし。

前日の取得なので、若干お値段は高めだけど…
それでお願いします!!


じっと待ってると、チケットは後で渡すから、部屋に戻ってていいよと言われ
部屋の前でイロイロ話しながら待つ。

そうこうしてると声がかかり、
もいせい君が早速チケットを受け取りに。

私は後から遅れて行くと、なにやら不穏な感じ??


おねえちゃんが、私を見るなり2度目であろう説明をはじめた。


が、
意味がわからないのである。

スリーパーで予約するねと言っておきながら、手元にあるチケットはその上のクラス。
お値段も1700から3200まで上がってる。

何でか聞くと、
スリーパーがちょうど埋まってしまい、空いていた上のクラスのチケットにしたのだという。

うん。
なんで??

事前の説明もなく、なんで勝手に高いチケット取っちゃうの??
その上、キャンセルできないという。

混乱モードである。

私はここでの人間関係もできてきているため、正直言ってもめたくない。

次男にしてみれば、プリーに行きたいという思いを汲み取って、良かれと思ってしたことだったのかもしれないけど…
配慮が足りなすぎる。
これが自分ひとりでのことだったら、自分も悪いところがあったかもしれないと冷静になれたかもしれない…。
でも、もいせい君もいる。
頭の中は少し焦りモードに。

そして、
おねえさんから次男にバトンタッチ。

なるべく穏便に…
次男の言っていることはわかるけど、上乗せ分は払えないと伝える。

次男も自分にも否があると思ったのか、上乗せ分を折半しようと持ちかけた。


いやいや…

そんな流れをもいせい君に説明している間に、次男消える・笑

残されたおねえさん。

じゃあもうこのチケットいらないから、返金して!
と伝える。

イライラがつのり、元々短気で有名な?もいせい君はおねえさんに声を荒げる。
が、おねえさんは何も悪くなく、むしろ次男の尻拭いをしているだけなので、おねえさんももいせい君に若干キレる・笑

まぁまぁ。
おねえさんは悪くないよー。悪いのは次男だよー。
仲を取り持つ複雑な自分・笑

最後まで対応をせずにいなくなった次男にイライラと悲しさがこみ上げてくる。

おねえさんは多分次男であろう、電話をかけた。
きっと状況を説明しているのであろう。

しばらくして、おねえさんは
「お金は要らないって。チケット持っていきなさい。」
と言ってくれた。


スリーパーの値段で上のクラスに乗れちゃうー。
ラッキー!!


・・・。
とはならない。

こう…
なんていうか、すっきりとしないもやもやとした苛立ちだけが残り、
なおかつ、悲しい思いでいっぱいなのである。


もいせい君のことを短気だと書いたが、
私も我が強く、一旦カーッとなったら是が非でも自分の考えを押し通すところがある。
それは自分の悪いところなのだが…

今回も複雑な思いではあるが、途中からは完全に頭がカーッとしていた。


もいせい君と部屋の前で話していた日本人の方に声をかけて、
1人冷静になるためにチャイ屋さんに。


チャイも飲み干し、頭を整理しているところに宿のヴィクターがやって来た。
彼にこのことをざっと説明してたら、少し落ち着いてきた。

宿に戻ると、
ボスや他の従業員も心配して声をかけてくれた。

親族経営の宿だけど、完全分業スタイルのこの宿。
売り上げだとかをどうしているのかは全くわからないけど…
この親族にとっては大きなマイナスでしょうに。

インドで1000以上のお金って結構な大金だし。

それなのに、みんなは私を心配してくれる。
長男の息子・ダニーは、話途中に「おじさんに話してくる」って言ってくれて。

三男のボスは元々、次男と折り合いが悪いのも手伝ってか、「気にするなー。あいつがダメなんだから」ってしかめっ面で励ましてくれた。

なんだか、最後の最後に残念な思い出ができてしまって…
みんなにも心配かけて…
明日にはここを出るから、次男との仲直りもできなさそうだし…
気まずいな…

こんな思いになるのも、ここでの生活が長かったから。
だけど、あくまでも旅行者と旅行者を相手に働いているという関係。

気持ちの踏ん切りをうまくつけないと、負のオーラに巻き込まれちゃいそうだ。



ということで!
明日!本気でマハーバリプラムとお別れです!!

*****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ちょっと残念
ちょっと残念ですね。誰にでもミスはあるから、ミスがあったことを責めて怒るんじゃなくて、どうやって起ってしまった問題を解決するのかという方向性で話を進めてほしかったです。起ってしまったミスの擦り付け合い程、悲しいものはありません。前日でキャンセル不可能なのだからせめて上乗せ分の半分だけでも置いてきて欲しかった。現地では大金です。上乗せ分を払わなくていいと言ってくれたのは、逆にすごいことだと思います。それは、あさかさんとの関係があったからじゃないでしょうか。一つ一つの出逢いを大切に。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
気にしないで
いつも楽しく拝見しています。
チェンナイからブハネーシュワルのスリーパーだと正規料金は500ルピー以下だと思います。ワンランク上でも正規だと1700ルピー以下で買えるので、値下げしても儲けがあるので、相手に気を遣う必要はないですよ。
相手も商売でやっているので、ここは「ラッキー」と思った方がいいかもしれません。
ちなみに、インドの鉄道のこのホームページは便や予算の検索ができて便利ですよ♪ 
http://www.erail.in

これからも楽しいご旅行を。
Re: ちょっと残念
みーさん
コメントありがとうございます。
このことに関しては、いろんなご意見があると思いますし、自分自身どうすればよかったのか未だにわかりません。悲しかったのは、相手が途中で話し合いを放棄してしまったこと…私はうまく英語も現地語も話せないので伝えるのは難しいですが、こちらの考えを相手に伝える努力をしました。それを投げ出されたことが…これもまた、あくまでも自分本位の意見なので反省ですが。
いい出会いがあったからこその出来事だったとも思うので、反省しながら、感謝しながら、今回のことを無駄にしないように旅を続けたいと思います。
Re: No title
インド大好きさん
コメントありがとうございます。
異国と自国の常識の違いというものを理解しているつもりでいて、線引きが難しいと感じています。いろんな国を周ろうとしている私にとっては、やっぱりいつまでたっても課題ですし、今回の件でも学ぶべきことが沢山あり悩む日々です。

どれだけ仲良く、親しくなっても、いつまでも旅行者という枠組みはなくならないのでしょうか…。
いろんなことを考えると悲しくなりますね。
Re: 気にしないで
イクエさん
コメントありがとうございます。そして、情報ありがとうございます。
しかし、このチケット、2人分の料金でなおかつ緊急で取っているのでその分割高になるんです…。

多少の儲けはあったとしても、やっぱりそれは微々たる物で代行代にしかならないと思います。
なので、やっぱり反省の日々です。
イクエさんも楽しい旅を!!

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。