スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康について・持病編。

風邪かな…。

とりあえず薬のもう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
**********

昨日は循環器(CCU)の忘年会でした!!

パークハイアット東京で!!

DSCF2258_convert_20111207172842.jpg

DSCF2250_convert_20111207172724.jpg

リッチ~な気分で楽しんできました。



さて、今回は健康についてお話ししようと思います。


世界一周中、
何が起こるかわかりません。


何も起こらないことが一番ですが、
日本という過ごしやすい国にいる私。

これから訪れる国々は、気候も違えば、環境も全く違う。

頼れる人もいなくて、
ストレスがかかる。

人間の体って、ストレスというものにすごく弱いんですね。

心も体も


そういった状況に冒されるという状況は把握しておかなければならないと思いますし、
日本を発つ前には
万全の体調で行きたいと思っています。




私は、基本健康です。

まぁ、見た目からしてそうでしょう(笑)


ただ、
持病があります。

心臓の不整脈があります。


日常の生活や仕事、もちろん激しいスポーツにも制限のないレベルに位置はしていますが、

ある日突然意識を失って、突然死する危険のある不整脈です。


医療従事者は誰もが知っている、
致死的不整脈・VT、VFに移行する不整脈です。


この病気がわかったのが、
中学1年の頃。

医者に、
『突然死もありうる病気です』と言われ、

私の人生についての考え方は変わりました。

いつ死ぬか分からないんだったら、楽しく生きなきゃ!!

やりたいことはやろう!
楽しいことはやらなくちゃ損!!

って思って生きてきました。


さすが、中学生。
考えることが単純…なんですが、

この考え方って、
病気だろうがなんだろうが、誰にでも通じるものだと思うし、

私はこの考え方のおかげで
ずいぶん楽しく過ごすことができています。

失敗も多々ありますが。


そんなこんなで長くなりましたが、
出発前にはちゃんと検査をうけてから行こうと思ってます。



そして、
去年、とある手術を受けました


のどの扁桃腺を摘出するというものだったのですが。


昔から、
扁桃腺を痛くして、熱が出る…という状態だったのですが、

東京に出てきて、常に扁桃腺が腫れている
のどが痛い
抗生剤・鎮痛剤が手放せない

という状況になってしまったのです。


東京という環境の外的な因子もあるのかもしれませんが、

救命センターという環境で働くことの内的な因子、ストレス要因が大きかったと思います。


思えば、国家試験のときもそうでした(笑)


ストレスがのどに出る。

これは、
世界一周に出ても一緒だな…。

こののどが痛い状態で働くのもしんどいし…。

うん。
手術しちゃおう!!!


ということで、
去年手術に至ったのです。

1か月のお休みをいただいたのですが、
いろんなことをリセットするにいい時間だったと思ってます。


すんげーーー痛いし、辛かったですけど。


出発前ののどの手術完了(笑)


あとは、
皮膚。

ひどいわけではなくて、
ストレスがあると、
何かしらのかたちであらわれます。


じんましん的な。


だから、軟膏的なものは持っていきたいな。



そして、
今回の話の最後になりますが、

これは私だけでなく
他の方にも是非と思います。

世界一周前に
婦人科系の検診を受けましょう


子宮頚がんや乳がんの検診です。


子宮頚がんは20~30歳に急増しているがんです。

乳がんは40歳代に多いですが、若い私たちの世代にも多いがんです。


そして、この2つのがんは大腸がん・胃がん・肺がん検診と並んで
検診がとても有効ながんです。

日本って、世界トップレベルの『がん大国』なんです。
2人に1人ががんになり、
3人に1人ががんで死ぬ。


今後、海外保険についても書く予定ですが、
保険での安心を買う前に、

日本での検診という安心も買っておいてはいかがでしょうか?


世界一周中
何も起こらないことが1番。

でも、
何も起こさないために…その努力を惜しんでもいけない。



♪THE BACK HORN:奇跡

*********
とか言いながら、手術後初の、のどの痛みに戸惑ってます(笑)

ランキング参加中!!
ワンクリックお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。