スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの岩ですか?

リアルタイムはスリランカかーらーのー。

インド・チェンナイへ移動予定。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
*************

みなさん。
シーギリヤロックって知ってます?

世界遺産なんですけどね。
(ここスリランカって小さな国なんですけど、7つもの世界遺産がある素敵な国なんですよ)


また歩き方情報で申し訳ないんですけど…
スリランカに来ておいて、シーギリヤロックを見ないなんて何事だーーー!!!
っていうような場所らしいです。


んで、
どんな場所なんだか…と情報を読むと、すんごく悲しい場所のよう。

あの!めんどくさがりやのフジがエピソード紹介なんてしちゃうよーーー。


それは5世紀の話。
このシーギリヤの土地の岩に傑作を残した狂気の王様・カーシャパ。
彼には腹違いの弟がいて、弟の母親は王族血筋。カーシャパは平民の血筋。

カーシャパはそんな弟に王位継承を奪われるのを恐れ、父親を監禁して王位を剥奪。
弟はインドに亡命。


もうこの時点で、カーシャパ狂ってるんだけどね。
ここからがまた狂ってる。

監禁していた父親に隠し財産を出せと要求も、父親は拒否。
それに怒り、父親を殺害。

その後、狂ったようにシーギリヤの岩山に宮殿建設。
7年後、宮殿は完成した。

11年後…インドから弟が軍を引き連れて戦いに。
その際、カーシャパは刀でのどをかき切り、自害したのだという。


そして月日は流れ…
埋没していたシーギリヤ・ロックの宮殿が発見されたのは19世紀後半、イギリス植民地時代のことだった。



あんまり歴史とかって詳しくないんだけど、
こういう悲しいエピソードの残る遺跡って多い気がする。
まぁ、自分の中に残ってるのがそういうものが多いのかもしれないけど。


そして、旅人達もシーギリヤロックは外せないよ!って言うので…
遺跡にさほど興味のない私が頑張って行ってきました!!


ダンブッラからトゥクトゥクで45分ほど。

おじちゃんが、
『ほら!あれがシーギリヤロックだよ!!』ってトゥクトゥクを停めてくれました。

63781_431680610238771_1897719972_n.jpg


おーーー。
いきなりそびえ立つ垂直に伸びた岩!!!

まじか…。
あんなにでかいの??


と、感動7割・これからそこに上るというゲッソリ感3割。


チケットを買って、(めちゃくちゃ高くて30ドル!)
1人…いざ参らん!!!


ってね、イロイロすっ飛ばすけどね、
階段をひぃひぃ言いながら上って最初にたどり着いたのは…

美女のフレスコ画!!

1574_431681756905323_1552635065_n.jpg

27294_431681843571981_836564797_n.jpg


これはさすがに感動した。
本当に美しい。

かつては500人もの美女が描かれていたらしいけど…
今では18人。

雨風の影響や、
この地が王宮の後、仏教の修行として用いられたらしく、美女の絵は修行に影響するってことで削り取られていたりで、残るは18人。


それでも18人残ってるだけでもすごいことだと思う。


その足で、再び階段を登り続け…
次はライオンさん!!


かつては足だけでなく顔もあったらしいけど、今残ってるのは足だけ。

それでも迫力満点だし、
こんなにも昔の時代からライオンは強い生き物なんだってことは周知だったんだなぁって思うと面白い。


ということで、恥を捨てての記念撮影・笑

527386_431682266905272_2133834577_n.jpg

撮ってくれたのは日本語ぺらぺらの台湾人のおば様方。

ポーズを変えて何枚も撮ってくれました。
そして、
その度に大きな声でキャーキャー言ってくれました・笑


さぁ、最後の一踏ん張り。
ライオンの門をくぐって階段を上れば、そこはかつての王宮跡。

そう。
あの岩のてっぺん。


風が気持ちいい。

そして辺り一面、何もなく、木々ばかり。


すげーな。
ここに王宮建てて。

当時がどんなだったのかはわかんないけど、
こんな木々に囲まれてたら、国の繁栄状況も何もわかんないだろうにね。

物思いにふけるにはベストだと思うよ。
狂った王様も同じだったのかもね。


物思いにふけて、
反省と後悔と…恐怖に怯えてたのかな?



そんな場所で私が思うのは、
なんだろね。

197004_431682440238588_1067050976_n.jpg

何も思うことなかった。


何も考えず、自然ってすげーなって。

自然って面白いやって。


ただただ風の気持ちよさに漂っておりましたとさ!



そして、
帰りの階段は恐ろしく膝がガクガクでした・笑

自分どんだけ体力ないんや!!!笑



入場料も高いし、行ったらそこそこ疲れるし…
だけど満足度は高めです。

新年に相応しい観光第一号でした!!!


*****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。