スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容のない記事inカヌール。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.3】

当初の予定より、ダラっと長く滞在したコーチンを離れます。

次に向かうのは、ケーララの北。
カヌールという町。

なんだけど、なんでこの町を目指したのかを覚えておりませんで(笑)
多分、私の思考的に...


北上していきたいなー。
けど、もう少しケーララも堪能したいなぁー。
どっかないかなー。
あ、この町にしよう。


ってな感じでしょうか。

町自体は、アーユルヴェーダなんかで有名なところらしいですがね。


ま、そんなわけで、カヌールを目指して行動を開始です。
どうやって行くかも手探りなので、一先ずバスターミナルへ。

そこから、インド人にガツガツ聞いて...
電車で行くべき案とバスで行くべき案とが入り混じり...

バスのほうが安いだろう!
と、バスで行く案を採用したのがそもそもの地獄のはじまりでした。


もうね、この移動ね、大変でした!!
灼熱の中、ローカルバスをとにかく何度も乗り継ぎ、何時間もかけての移動。

途中、乗ってたバスとトラックが事故ったりして...もうね、どーしたらいいのやら状態。



とはいえ、要所要所で地元の人が優しくしてくれて。
文句ばっかり言ってるもんじゃないなと反省してみたり。


そんなこんなでたどり着いたカヌール。
すでに日も落ち、暗くなってきている。

宿の情報もなく到着したので、こういう時に頼るのはリクシャーマン!

リクシャーの並ぶ道へと歩き、おっさん達に声をかける。

「おっちゃん!どこか安宿知らない?」

大体ね、懇意にしてる安宿に連れてってくれたりするのよね。こういう場合。
ま、メリットとデメリットの激しい方法だとは思うけど。

この時は、メリットのほうが勝ち、聞いたのですが...返ってきた答えに驚き。

『え?安宿?どっかあるかな...んー。
わかんないな。あそこら辺に宿あるかもしれないから、行ってみたら??』

あれ?
リクシャーマンが宿情報を知らない??

しかも、ありそうなところまで歩いていけと言うではないか。

なんというガッツキの無さ!!
これぞケーララ(笑)


いや、しかし、本当この時はめっちゃ困った。
宿探し難航。

結局、足で安宿を見つけ出し、何とか腰を落ち着けることができた。

鉄道駅の近くに何軒か宿はあるので、もし行こうと思う方は参考にどうぞ。
安宿じゃなくてもよければ、ビーチの近くにはホテルがいくつもあるらしいですがね。


んで、ぷらっと町中とビーチのほうまで散歩に出かけると、地元インド人に捕まり、なぜか一緒に散歩することに。

めんどくさいから、拒否反応を示してたんだけど...しつこく食いついてくるため、途中で諦めてつきあうことにしてみたら、意外といい奴だった(笑)

ま、インド人独特の下心はプンプン匂ってたけどな。

それって、いい奴とは言わないのでは?って感じなんだけど...何て言えばいいのかねぇ。

んー。
インド人を形容する表現の仕方って、つくづく難しいなと...今書いてて思ったわ。


ま、そんなインド人に手伝ってもらって、次に移動する町への鉄道情報を仕入れて宿に戻って就寝。

そーいえば、この頃、膝下のみに出現した蕁麻疹に悩んでいたりもしたなぁ。
結局、自然消失していったけど。


カヌールには1泊のみの滞在で、翌日向かったのはケーララ州とカルナータカ州の境になるマンガロールという町。
ここにたどり着く頃には、もう、次の町に行きたい欲求が高まり過ぎていまして...
マンガロールに到着した日の夜には夜行バスで移動してました。




ずっとダラダラしてただけなのに、何故か追い詰められてる精神状態。
そんな感じがこの時期あって、とにかく癒しを求めていたのです。


ということは?
向かった先は??

そう。
毎年恒例になっております!

3度目のハンピ!!!


明日はハンピ記事だよーん。

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。