「38カ国目・イスラエル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルに渡航を考えてる旅人さんへ。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。

*******************

どうしてもお伝えしたいと思い…
今日は少しだけリアルタイムのお話を。
表題の通り、イスラエルに渡航しようとしている旅人の皆さんには必読していただきたいです。

というか、また1ヶ月も期間が開いちゃいましたね…。
おひさしぶりです・笑

えーと。
つい先日までリアルタイムではイスラエルに滞在していました。

タイミングの悪いことに、私が渡航したのは10月14日。
イスラエル国内でパレスチナ人によるユダヤ人襲撃事件が相次ぎ、多数の死傷者が出ているというとき。
第三次インティファーダとまで呼ばれる事態になっているとは夢にも思っていなかった。

(イスラエルでの日々の詳細はまた、いつになるかわからないケド、ブログで書きますんで)


イスラエルではエルサレムとベエルシェバという町にカウチサーフィンを利用して滞在していました。

エルサレム。
街中のいたるところに武装した兵士。
普段から街中に兵士がいるのは当たり前の日常らしいのだが、現在はその数は異常に思えるくらいに多い。

一般市民よりも、軍服を着ている人を見かけるほうが多いくらい。
もちろん、一般市民が外を出歩かないようにしているというのもあるかもしれない。

そんな中、ダビデの星を象徴としたイスラエル国旗を片手に闊歩する若者をよく見かけた。



「俺たちは、パレスチナ人のテロなんか怖くない!イスラエルは俺たちの国なんだ!」
という思いを抱いて町を練り歩いているのだそう。



正直、今まで生きてきて、深く考えたことなんてなかった。
旅をする中で…特に今回の旅で、数々のイスラム教国家を訪れ、ホロコーストが行われた負の遺産である地をいくつか回り、頭の中に色々な疑問が生じた。
そのひとつが、イスラエル・パレスチナ問題。
少しでも知識を持ってから…イスラエルは、なんとなくでしか知らない状態で行くべき国ではないと思い、事前に本を読んでから渡航した。


カウチ先のホストたちの口から溢れ出るのは、どうしようもない憎しみと蔑みの言葉。
取り繕った言葉も、その裏に隠された本音が見える切なさ。

現在のエルサレムは近年ないレベルに緊張状態であると教えてくれた。

「君は大丈夫。観光客は安心していいよ。あいつらは俺たちユダヤ人を狙っているから、観光客を傷つけるようなことはしない」

ホストはそう言ってくれたが、それって旅をするのに安全な環境ではないよなぁ…
と複雑な心境で聞いていた。
それでも、このとき特別に自分が危ない所にいるという感覚は薄かった。


そんなエルサレムを離れ、向かった先はイスラエル南部の町ベエルシェバ。
この町に、特に大きな目的があったわけではなく、カウチサーフィンのメンバーに声をかけてもらったからお邪魔しようというレベルのものだった。

エルサレムからバスで1時間半ほど。
この日のホストの仕事終わりをメインのバスターミナルで待っていた。
WiFiが通じるし、ベンチもあるし、砂漠地方の暑い中を歩き回るよりもずっと快適。



そして、ホストから連絡を受け、お宅へと移動してはじめましての挨拶をしているとき。

ホストのルームメイトが話をしているところを遮って入ってきた。
何事だろうかと思ったら、ホストたちが私の顔を見て言った。

「よかった…君はラッキーだ…」

話を聞くと、私がほんの15分ほど前までいたバスターミナルでパレスチナ人による発砲事件が起き、死傷者が出ているのだという。


ぞっとした。

なんて形容したらいいのかわからない感情になった。

巻き込まれなくて良かった?
ラッキーだった?
怖い?
泣きそう?


命があることに感謝したし、なんてときに来てしまったんだろうっていう後悔もあった。
失われた命の重さを考えると、私はラッキーだった!良かった!という気持ちには単純にもなれなくて。

複雑な思いでこの日をすごした。


実は、この旅での発砲事件騒ぎはこれが初じゃないんですね。
トルコで訪れたディヤルバクルという町。
ここでも発砲に催涙ガスに巻き込まれてるんです。
今、この町もIS襲撃だとかでニュースになってますね。


何が言いたいかっていうとね。

現在イスラエルに渡航を考えている旅人の皆さん。
今一度、渡航を考えてください。

イスラエルだけでなく、現在さまざまな国が微妙な状況だと思います。

現地の人の考える安全と、我々の思う安全は同じようでいて全く違います。
自分がいかに平和な国で生まれ育ってきたのか、しみじみと感じさせられます。

旅慣れてきてね、張り詰めて考えていても、安全っていうボーダーが少しずつ意味を違えてきていたのかなとも思って自分自身反省しています。

旅人の皆さんにも…どこへ行くにも、その国の状況を見極めてから渡航してほしいです。

旅先で、旅人のハプニング話は聞いていて最高に面白いけど…
命あってのものだし、仲間が死んだなんて話は聞きたくないですもんね。


久しぶりの記事だし、何書いてんだか自分でもよくわかんなくなってて読みにくかったかと思うんですけど。

皆様のお役に立てる情報になったらと思います。


次の記事からはまた、半年以上も前の内容に戻りますよーーー・笑
そちらも、どうぞよろしく!

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。