「25カ国目・カンボジア 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリングフィールドで命を考える。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.1】

前回の食に引き続き、
プノンペンでの目的のもう1つは、「キリングフィールド」です。


キリングフィールドとは何か?

ポル•ポト政権時代のカンボジアでは大量虐殺が行われ、殺されたのは、知識人や教師、医師、伝統継承者などといったカンボジア人。メガネをかけているから、手が柔らかいからといった理由でも殺されたそう。
こういった人たちは、反革命的な人間だとされ、殺されていったと。

そして、殺害された刑場はカンボジア各地に存在し、それらはキリングフィールドとも呼ばれている。


私は歴史に詳しくないし、遺跡観光にも正直興味ありません。
うん。
ついこの間、アンコールワット行っとるやないかい!って感じですがね(笑)

でも、戦争関連のいわゆる負の遺産と言われるものには食指が動きます。
負の遺産って、色々な課題を投げつけてくれるけどどれだけの時が流れても、その課題がクリアされる日は来ない。

人間がどんなに愚かなものか。
そして、そんな風に感じて遺跡をまわっている自分の横にいるのが他国の人間であるということがとても面白い。

それぞれの国にそれぞれの事情があって。
でも多分、負の遺産に来て抱く感情ってみんな同じなんじゃないのかなぁって。


えーと。まぁ、そんなわけで、本日は負の遺産である、キリングフィールドのお話です。

我々が行こうとしているキリングフィールドは、プノンペンから少し離れているので、まずはトゥクトゥクのおっちゃんと値段交渉からスタートします。

無事に交渉成立して、走り出したんだけど...工事中の道はもうガッタンゴットン。砂埃もすんごくて。
たどり着くまでに、若干げっそりでございます。


本日も太陽ジリジリ照りつける中。
キリングフィールドの中へと入っていきます。
ここにはありがたいことに、日本語の音声ガイドもあったので、迷うことなく付けました。
そして、音声ガイドは是非とも付けて聞いてほしいと思います。一層、理解が深まり、大変考えさせられます。

入ってすぐ、目に入るのは慰霊塔です。
中には骸骨が。
インパクト大です。



ひとまず、黙礼だけして...先にぐるりとまわります。

音声ガイドに従って進んでいくのですが、まさか、ここで?そんなことが?というような説明ばかり。



その中でも、衝撃をうけたいくつかのこと。



上に貼り付けた写真の木。
サトウヤシというそうです。
幹が硬く、ジグザグと鋭いですよね。
この木は人ののどを切るために使用されたのだそう。何故かって?それは声を出させなくするため。

ここでは人を殺す道具は銃や刃物とは限りません。それらは高価であり、農具を使用して人を殺していたのです。
農具で殺される。それは一思いにはいかなかったでしょうから、当然声が出ますよね。
周囲の住民はここで大量虐殺が行われているとは知らなかったので、いかに声を消すかがキリングフィールドでは重要だったのです。

キリングフィールドの周りは、のどかで緑に囲まれ、田畑が見えました。
この地で、こんなにもおぞましいことが行われていただなんて…想像するのも難しい。

静かな地で人の叫び声を消すため、キリングフィールドではディーゼル発電をベースにして当時の流行歌などを流していたそうです。


女性を殺めるとき。
それは肉体的にも精神的にも大きなダメージを受ける方法をとっていました。

衣服を脱がされます。
宗教的にも、人の前で裸になることの辱めは私の想像する以上のことでしょう。
強姦、輪姦もされたでしょう。

そして、母である女性には耐えられないほどの現実を見せられます。

母親の前で乳幼児は殺されるのです。
将来、親を殺されたと復讐させないために殺すのです。

木に打ち付けて。



頭蓋の柔らかい赤ちゃんを殺めるのは、簡単だったでしょう。
数キロの重さしかない彼らの足を握って打ちつければ、すぐだったでしょう。

この木の幹には血痕や脳みそ、髪の毛が付着していたそうです。
いったいどれだけの幼い命が奪われたのでしょう。



このキリングフィールドでは、今なお白骨が見つかるのだそう。
自分が生まれるほんの数年前にこの地で起きていた事実。

東南アジアの人々の笑顔は、控えめで美しい。
だけど、彼らが負った歴史の闇はすごく深く、現在にも続いているのだろうなと感じた一日だった。


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プノンペンで食べる。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.1】

新年、アンコールワットにベンメリアにとシェムリアップの町を堪能した我々。

他にも見所はたくさんあるこの町だけど...
この2人旅は出国の時間が決まっているお尻のある旅だったので、とにかく先を急ぎます。


向かった先は同じカンボジア国内。
首都のプノンペン。

この町での目的は大きく2つ!

今日はそのうちの1つである「食」について書いていこうと思いまーす!!


東南アジアのごはん。
私は大好きです。

そして、今回の食に関しては、ちひろさんの力の入れ方が違う(笑)

なにやら、某TV番組でプノンペンの食レポをしていたらしく...前調べは抜群。
私も事前にその番組を見させてもらいました。


そんなわけで、訪れたのがオルセーマーケット(市場)。
ここはプノンペンでも大きな市場で、日用品や食料品、衣料品などなんでも揃う庶民の味方!的なところ。

その一角に、屋台がギュッと並んだ場所がありまして。

そこで気になるものを食べる!
そして、前調べして、コレだけは!!っていうかぼちゃプリンは是非とも食べたい!!!
というのがこの日の課題(笑)


雑多な屋台が並び、方々から色々な香りが漂ってきます。
どこの屋台にも必ず1人はお客さんが座っていて、その様子を覗き込むという...なんとも怪しい日本人。

だって。
何が美味くて、どんな食べ方があるのかって、我々には分かりかねまして。
いわゆる現場リサーチですよ。うん。



んで、まず...とにかくお腹が空いていたので、ガッツリくるものを!

この市場で、えぇ匂い部門があるならば、1位はこれなんじゃないかってくらい食欲をそそる匂い。



味は御察しの通り、まさに焼きそば(笑)
カンボジア版焼きそば。
間違いなくおいしいです。


ガッツリ食べた後は、お目当てのかぼちゃプリンを探します。
カラフルな寒天だとかを売ってる甘味処が点々とあり、その一つ一つをチェック。

そして、道路沿いにあるお店で発見!!

かぼちゃプリン!!



見た目そのまんまかぼちゃだしっ!(笑)

これをおばちゃんにカットしてもらって、氷を添えていただきます。
中にプリン的な?やつが入ってて、かぼちゃの味もそのまんまで、甘うま。



というか、かぼちゃプリンって、こーゆーこと?!みたいなプリンで予想を裏切られて面白かったなぁ。


お腹も満腹になり、市場をぐるりと見ていると、所々にまたしても屋台。

そんな様子にちひろさん。
「これ美味しそうだよねー」と。



お腹いっぱいにも関わらずです。
うん。
女子っていうのはそういう生き物なのですよ。

ということで、お買い上げしたのがドーナツと揚げバナナ。

これまたお腹いっぱいなのに、手が進んじゃうんだよねー。


オルセーで食べたのはこんな感じ。
翌朝食べたのは、安定の米麺(汁あり)。
この麺の類は本当、どこでも見るねー!


そして!
忘れちゃいけないのがビール!!なんですが。
カンボジアって、結構ビールの種類が多いんだねぇ。

そんでもって!
缶ビールの蓋?プルトップ?に注目なんです!!



昔懐かしのプルトップの裏には、何やら文字が書かれています。
これ!実はくじびきになっているんですねー!

ビールの神様は、どうやら私のことを酔わせたいようで...
私、このくじびきの当たりの確率がかなり高かったです(笑)

当たると、タダになるんだったか、安くなるんだったか...ま、どちらにせよ、飲みながら楽しめるのはいいもんです。

確か、ミャンマーも同じようにくじびき制度あったよなーなんて思い出してみたり。

正直な話、カンボジアってタイとベトナムという東南アジア飯うま国に挟まれてるから、あんまり食のイメージなかったけど...
うまいこと2つの国の料理を観光に取り入れてましたわ(笑)

なんで、結構カンボジア飯も美味しく楽しめると思いまーす!!


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ベンメリアでモデル活動...?

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



【2015.1】

シェムリアップ滞在ー!
からの本日は三が日!!

1月3日のお話になります。

昨日、カンボジアのハイライトとも言えるようなアンコールワットへ行ってきたのですが!
個人的に是非とも行きたかったもう一つのハイライト的な場所。

それが、ベンメリア。

ジブリワールドと名高い、ベンメリア。
さほどジブリファンでもない私でも行ってみたいなぁと感じるところ。

この日も相方のちひろさんと共に行動します。

シェムリアップの町からは結構離れていて。どんどん田舎になっていく道の様子に、心のテンションは上がる。

ヨボヨボ仙人みたいなおじいちゃんとヨチヨチ歩きの子ども。
この光景だけでもツボなのに、オプションでニワトリが数羽ツクツクとついばんでる。

トゥクトゥクに乗ってる一瞬の光景。
写真を撮る間も無く過ぎ去ってしまう。

だけど、心にグッと残るカンボジアでの思い出になってる。


例えば、私に才能があって、
こうやって見た瞬間をアートとして再現できたら。
それは絵でもいいし、メロディーでもいいし、詩でもいいし。

そんなことを思ってみるけど、残念ながら凡人の私には術がなく。
心に残ったものをブログにそのまんま残すしか能がないわけで。


才能ほしーなーーー
なぁんて思ったりした(笑)


さて。
そんな風に移動して、やっとこたどり着いたベンメリア。





て.て...テンション上がるぅぅうーーー!!

めっちゃジブリっぽい!!(笑)


手を施されてない朽ちた感じの遺跡。
影を作る茂る木々。
その光のコントラストもまたたまらんねぇ!

と、テンションが上がった我々は...
普通にピースとかで写真を撮るのはやめようと決意しました。

いやね、とゆうのもさ。
昨日のアンコールもそうだけど、ここベンメリアにも結構な観光客で。

んで、やっぱり中国・韓国人が多いのよ。
そんな彼らの写真の撮り方、写り方と言ったら...それはもうバリエーションが半端ない!!
しかも、自分の可愛く映るであろう角度なんかを理解している。

見てるだけでも、ちょっと恥ずかしくなっちゃうような...そんな写真を皆さん撮っている。


これは...我らアラサー。日本代表も負けていられない!!
やるしかない!!

ということで(笑)
本日の写真のテーマは「リンダ」

リンダというのは、我々のフィリピンでのルームメイトで自国でモデル活動をしているキュートガール。

我々も今日ばかりはリンダのようになろう。
リンダならここで、どうやってポーズを決めるか?どんな表情を作るか?そんなことを考えて写真を撮ってみました。

が...



あれ?



ん??




ぷぷっ。




はい。
ご覧の通り、結果は惨敗。

どーやってもギャグっぽさが拭えない。

ロケーションは最高で抜群なのに、モデルの我々のしょうもなさが...すんごい。


そんな爆笑で終わったベンメリアでしたーーー!

暑かったので、シェムリアップに戻ってフルーツシェイクを飲むちひろさんの1枚。



うん。
やっぱりうちらモデルは無理だね(笑)


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


お正月にはアンコールワット!

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再々出発(2014.12)イマココ。



お久しぶりすぎる更新ですね。
さーせん。
間が空きすぎて...本当、何から書いたらいいのやら(笑)


それでは。
話は2015年のお正月のこと。

フィリピンでのルームメイト、ちひろと再会し、年越しを過ごし幕を開けた2015年。

正月早々からなんですが...
仕事辞めて、バタバタと準備して、初の父娘旅を終えた私の体調は悪かった(笑)

シェムリアップに着く頃にはかなり、喉が痛くって。それがまたストレス。
このタイミングで体調悪くなるとか無いから!!


というわけで、元旦はのんびり...でもなく(笑)
何だか流れで湖へ。

全く何も調べず現地入りしていた私は、ちひろと、宿が同じだった日本人の子に連れられ移動。



船に乗って、湖ぐるりと回って...
宿戻ってビール飲んでたんだったかな。

いやー。
冬の日本を飛び出して、ちょっと暖かい台湾を経てたどり着いたカンボジアは、まぁ暑い!
体調悪くったって、ビールを飲まなきゃやってられない暑さ!!


そして、2日。
カンボジアと言えば!

アンコールワット!!ですよね。

東南アジアの中でもベタな観光地!
故に、ミーハーな私はちょっとばかり気分高揚(笑)


実はちひろさん。
私が来る前にすでに1人でアンコールワットに行っていたらしく。
だけどももう一度一緒に行ってくれるという優しさを見せてくれました。

しかし、正月のアンコールワットの観光客の多さはすんごいね!!
入国の時の空港でも感じてたけど、人の数がハンパない!!

そして、その多くが中国•韓国人。

同じアジアだし、旅しやすいんだろうねぇ。


そんな人でごった返してるアンコールワット。
いつも写真や映像で観てきたアンコールワットの正面。



んーーーー!!!
来たねぇーーーーー!!!!


ジリジリ肌を刺す太陽。
暑い。
暑すぎるけど、その暑さが旅を思い出させてくれて気持ちがいい。

ただし、人の多さはゲッソリ(笑)

イソイソと中へと入り...内部の様子を見て回り。
壁に掘られた彫刻画だとかって、その時代の様子をイメージさせてくれるから面白い。



どの彫刻が自分は好きかとか考えながら見てるのも楽しい。

あ。
歴史的なこととか、全くわかんないんだけどね!
大体、あとで調べて...あぁーーー!ってなることが多い(笑)

そうなるのわかってるくせに、事前学習せずに観光しちゃうんだよなぁー。

そして、再びの外。

さて。
ここで飛び出すのが「アレ」



そう。
年越しで登場した、羊!!

かなり恥ずかしかったけど...その分楽しかった!!

そして、注目はTシャツ。
こちらも今回のためにご用意させていただきました。
JAPAN Tシャツ。
略して、ジャパティー。

えぇ大人が、ジャパティー着て羊かぶってはしゃいでるなんて...イタイね(笑)

だけど!2015年を楽しむ心意気ですよ。

うふふ。


とまぁ、こんな感じではしゃぎまわりまして。

アンコールだけじゃなくて、周りの幾つかの遺跡も周ってきましたよ。
そちらも、まぁー人が多くて。すごかった。

仏像の顔を見てると穏やかになれる気がする。
けど、人が多くて流し見(笑)

書いてることとやってること違いすぎる。



そして、暑さにやられて町まで戻ってきましたー。

シェムリアップの町はビールが安く飲めて、のんびり過ごせて、まさに東南アジア!な感じがいいね。



さぁ、明日はベンメリアへ行きますぞい!

あ。
ちなみに、アンコールワットの入場料は20ドル。
アンコールワットを含む、その周辺の遺跡をまわるリクシャをチャーターで2人で12ドルでした。

自転車で頑張って周ってる方もいたけど...ちょっと私には無理だな(笑)


****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015年の幕開けです。

今までの経過ざっくり。

世界一周旅立ち(2012.9)→日本へ一時帰国(2013.7)→フィリピン、セブへ留学(2013.9)→世界一周再出発(2013.12)→旅中断、日本帰国(2014.3)→再出発(2015.12~)


今回のお話は、
2014年の年末年始のことです。

台湾4泊5日の父との旅を終え、一人になった私。

そういえば…
初めて世界一周をしようと旅立つ前は、母と二人旅をしたなぁと思い出し、ちょっとしんみり。
あの時は船に乗って日本を離れたから…小さくなる母を見つめながら感傷に浸ってたなぁなんて。

そう考えると、今回はあまりにもあっさりとした父とのお別れ。
多分…旅立つということに慣れてきている自分がいて。
不安の感情よりも格段にわくわく・どきどきの気持ちが大きくて。

それって、旅がどれだけ私にとって魅力的なものかって教えてくれる瞬間的な感情の動き。

さて、そんな私が向かった先はといいますと…


カンボジア・シェムリアップ!

ええ。
皆様の心の声が聞こえてまいります。

「え?カンボジア行ってなかった?」
「え?また東南アジアなの?」

・・・。
もう、ごもっともすぎる声でございますね。

私、カンボジア・ベトナムという東南アジアといえばの国へ未だ行っていなくてですね。
行きたいなぁ…どうしようかなぁ…と悩んでいるところに、1年前フィリピンにいたときのルームメート・ちひろがその思いに乗っかってくれまして。

それならばと、二人でカンボジア・ベトナムを旅しようということになったのであります。
し・か・も!

どーせなら、一緒に年越しもしちゃおうと!

ということで、台湾からカンボジアへと向かったわけなのであります。

カンボジア・シェムリアップに到着したのは12月31日の夜8時半ごろのこと。
カンボジアのビザはアライバルで取得できるというので、事前には取得せずに到着したのですが…

このアライバルビザ。
もうね、地獄絵図みたいだった・笑

年末年始っていうのもあるのかな?
私も含めて海外からの観光客と思われる姿が多くて、しかも、みんなアライバルビザ狙いで。
ルール無用の無法地帯的なね。
みなさん殺気立っていらっしゃるの。

韓国人のおばさまが
「ちょっと!いつまで待たせるのよ?年越しちゃうわよ!」
と言えば、

『俺らは仕事でここで年越しなんだよ!お前らも一緒にここで年越しするか?』
と答えるビザ発給の職員さま・笑

無事にビザを発給してもらえて、一安心しても、そこからまた長々と入国手続きで待たされるという。

トータルで2時間以上はかかりましたでしょうか。

ほっと一息つきながら、空港を出ると…

「フジーーーーー!!!」

と笑顔で声をかけてくれている日本人発見!!
しばらく旅を共にするちひろがお迎えにきてくれていました。

1年ぶりの再会。
さぞ感動的になるかと思ってたんだけど…
入国までの疲れと、年越す前に無事に会えてよかったという安堵感から、久しぶりに会ったとは思えないほどのあっさり再会・笑


宿に着く頃には、もうかなりいい時間で。
いそいそと年越しに向けての準備!

まずはーーーー。
年越しと言えば?

そう。
蕎麦!!

プレゼント第1弾。
日本から二人分のカップ蕎麦を持ってきました。
二人でズルズル。



ちひろはオーストラリアでワーホリしてきてたもんだから、久しぶりのカップ蕎麦に感動しておりました。
おだしの食べ物って、本当一瞬にして日本を思い出させてくれるよね。


なーんて話しているうちに、

2015年!!
ハッピーニューイヤー!!!!!

部屋の窓からは遠くの空に彩られている花火。



外でワイワイ騒ぐ年越しも楽しいけど、こんな風に部屋でのんびりと過ごす年越しっていうのも中々いいもんで。

新年を迎えてからは、
私からのプレゼント第2弾・羊をかぶって
プレゼント第3弾・甘酒を飲む!!



これぞ日本を感じる年末年始。

ちひろと二人、満足して就寝したのでした。


さて。
2014年。
まとめるならば『挑戦』と『自信』の年だったでしょうか。

ひょんなことから旅を中断することになり、日本での生活をリアルなものとして考えなければならなくなったあの時から、1年も経っていないだなんて…
旅中は、旅が終わったら私はどう生きていくんだろうと漠然と考えて悩んでいました。
日本帰国前後は、その答えあわせを必死にしていたような気がします。

日本へ戻ってきてから、いくつかのことに挑戦してみて、そこから得た自信。生きる強さを実感できた日々。
そして、自分の弱さを認識しました。この弱さとは現在進行形で向き合い中。

旅をしている間は、出会いに感謝する毎日。日本で生活していては出会わなかったであろう数の出会い。
でも、帰国してからもこの出会いの紐は切れることなく続きました。
人が人を繋ぎ、そして、魅力溢れる方々との出会いに繋がりました。

出会いに恵まれている。
そんな話をすると、友人は、私が素敵だからだと言ってくれる。
それには納得していたりするんです。
自惚れているわけではなく、魅力ある人間でいなければ良い出会いはやってこないんだろうなと。

自分が今、どれだけ魅力のある人間なのかはわからないけど…
もっともっと、いろんな人と出会って、縁を繋ぎたいと思うから。
自分磨きをしなければなと。

そんなわけで!今年も自分らしく!!
そして、2014年は今までにないくらいに自分というものの能力を知りましたので、それをどうやってステップアップさせるか!
これを考えながらのほほんと旅していきたいと思っております。
2015年、成長と進化のベースを考える1年にしたいね!!




そんなことを思っていたんだなぁと、半年前のことをしこしこと綴っている今日なのでした・笑

****************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。