「16カ国目・スウェーデン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親というもの。

リアルタイムはリトアニア・ヴィリニュス。

1。

**************

週末はロマノの仕事も休みってことで、
町に散歩に行ってきました。

マレーシアのときもそうだったけど、
とにかくこの人は歩くのが好き。

というか、動いてるのが好きなんだと思われる。


まぁ、町を一緒に散歩して、
適当に会話して。

疲れたらベンチに座って休憩して。


そんな感じで時間を過ごす。


ヨーロッパの町はどこに行ってもそうだけど、
町中にベンチが溢れている。

町歩きで疲れたときとか、
ちょっと太陽を浴びながら本を読みたいときとか、
すごくのびのびとリラックスできる。

日本ってこんなにベンチなかったよな…って。
こんな風に沢山のベンチがあるのって素敵だなって思う。


はてさて、
ここスウェーデン・ストックホルムは海がすごく身近な海の町。

川かと思うところが実は海だったり…。

空に飛んでいるのは無数のかもめだったり。

不意に潮の香りがすることもあります。

1001000_511038288969669_1478970248_n.jpg

んで、
ぼーーーーっと海を見つめながら休憩しているとき。

あ。
私がインドのマハーバリプラムにずっと滞在していたのはこれだったんだなぁって。


確かインドにいるときの記事でも書いたような気はするんですが…
私が幼少時代に過ごしたところはすぐ裏が海っていうところだったんですね。
だから、マハーバリプラムの海を見てると何となくその家のことを思い出して、懐かしく居心地のいい思いをしていたんですが。

ストックホルムも同じ海の町なのに、
何か違うんです。

あー、何が違うんだろうなぁ。
って、音が違うんです。

波の音。

もちろん、ストックホルムの町中で見かける海にも音はあります。
でも、やっぱり違うんですよね。

海といったら荒れ狂う日本海なんですよ。私の中で・笑

そして、それは映像だけではなく音もだったんだなって、
本当今更気付くのかよ!って感じですけど
このとき初めて気付きました。


改めてマハーバリプラムの素敵さを思い知る。

マハーバリプラム観光大使になれそうだ・笑


さ、
散歩散歩。

とは言っても、これまた特記するような出来事もなく…
あぁ、町綺麗だなーーー
ってくらいで。

1044437_511047132302118_175620321_n.jpg

でも、こうやってロマノの背中を見ながら散歩してると
お父さんみたいだなと。

いや、もちろん年齢的にも彼はお父さん世代なのだが…
マハーバリプラムの海のことから、昔のことを思い出したのか、
妙に懐かしいような不思議な感覚になる。


たまには父親のことでも書いてみるか・笑


私にとって父親っていう存在は、他の人とちょっとずれているような気がする。
それには、やっぱり両親の離婚っていうものが大きく関係しているとは思うけど。

「娘にとって初恋の人は父親である」
よく聞く話。
初恋とはいわなくても、この言葉の意とするところはなんとなくわかる。

私にとっての初恋相手は父親ではない。
おじちゃんだ。

お父さんなんて、100人かかってもおじちゃんにかなうわけがない。

この感情をどう表現すればいいかはわからないけど、
父に興味がなかったのだろう。


とはいえ、
私は父のことが好きだし、
父にとってはありがたいことに「お父さん大っ嫌い!!」みたいな反抗期もなかった。

大人になった今では、お互いのタイミングが合えば一緒に呑みに行くし、
必ず喧嘩になって帰るし、
散々だけど、
やっぱり父親は父親で特別な存在なんだと思う。

父親らしさは全くないけどね。


色々教えてくれるけど、ちょっとうざったく感じるときのあるロマノ(失礼)。
そんな感じがまさにうちの父みたいで面白い。

当たり前なんだけど、
昔はパワフルに見えてた父も段々と年を重ねて、
本当に年取ったなぁって思うときがある。

そんなこと書くと、父には怒られそうだけど・笑


多分、親が思っている以上に
子供は親の変化に敏感だと思う。

自分が年取っていくことは
同じように親も年を取っていく。

親が少しづつ老いに近づいていくのを感じるのは
中々いい気分ではないよね。

あぁ、なんて書いたらわかんなくなってきたな。

旅に出てからは
親に対するありがたみが少し形を変えていて
これまた不思議で面白い。


ロマノと散歩してるだけなのに、
ちょっと泣きそうになっちゃったもんな・笑

日本に帰ったら、お父さんと散歩でもするかなーーーー!!!

1000474_511478675592297_810226218_n.jpg

って、このときは思ってたんだけど、
実際帰ることになったら、
散歩よりも、うまいもんをゴチってほしいので、
お父さんよろしくーーーー!!


**************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夏をめいっぱい楽しむということ。

リアルタイムはリトアニア・ヴィリニュス。

2。

***************

夏至。
昼の時間が一番長い日。

海外ではミッドサマーと言われ、
ここ、スウェーデンでは夏至は最も大切な日とされている。

え?
ただの夏至でしょう?


と思ってしまう。

だけど、
この季節に北欧諸国を散歩してみると印象が少し変わってくる。


多くの人が外に出て、
町で走っていたり、
公園で遊んでいたり、
水っぺりで遊んでいたり、
家の外で日光浴をしていたり。


まーーーーー、
夏を楽しんでいらっしゃる。

今日、肌寒いよね…って思うような日でも関係ないのである。


ちょっと異常なんじゃないのかって思ったりもする。


でも、話を聞くと、
その様子もまぁ、納得。

北欧の夏は短い。

というか、冬の日照時間が短い。
いや、日照時間って言っていいのかすら疑問…。

冬は1日の間3時間ほどうっすら明るくなるという程度なのだそう。
もう太陽が昇るとか沈むとかっていう話じゃない。

その期間がまぁずーーーーーーーーーっと続く。
何ヶ月も。
9月辺りから冬が始まり、4月5月くらいまで雪は残っているという。


そんな長い間
日の光を浴びることのない人々にとって、
夏というもの、太陽というものがどれだけ素晴らしいものなのか。

考えてみると、
そりゃあすんげーーーことだってわかる。

まぁ、
言ったら夏の間は夜知らずの白夜ですけどね・笑


1日中明るいっていうのも、
私からしたら気持ちが悪くなるような異常だけど。

天文って面白いねー。


おっと。
だからね、
夏至っていうのはすんげーお祭りなわけ!


で、
夏至の日。

私はロマノと一緒にお祭りの舞台となる公園?的なところへ。

観光客やら、地元の夏至祝いますの人やら、
驚きの人の多さ。

あたりには花飾りを頭に乗っけたかわいこちゃんが大勢。

1045244_511042118969286_1897601016_n.jpg

しかも、これ女子の手作り。
みんな自分で作れるんだって。

すごいね。
なんか、北欧っぽいよね。


ロマノに
「あさかも恥ずかしがらずに頭に乗せてみなよ」
と言われるも拒否。

いや、
いつもの自分なら、率先して乗せてるところでしょうが…

この日の私の体調、精神状態、
最悪。

できれば一歩も外に出たくないっていうくらいのテンションでして。

だけど、夏至も楽しみたいっていう我がままっぷり。


そんなわけで、いろんなことをはしょって、
昼過ぎ。
いよいよ、夏至祭の本丸。

横たわった草木を巻きつけた棒をみんなで立たせて…
音楽のスタート。

969865_511042588969239_1688098581_n.jpg

棒の周りでみんな踊る踊る。

歌って踊る。


それがまた、老若男女問わず、
みんな歌えるし踊れてる。

日本で言うなら地元の盆踊り・パワーアップバージョン的な感じ。


ロマノ曰く、
毎年、夏至祭では同じことをやっているから、みんな当たり前のように歌えるし踊れるのだという。
これがスウェーデンの夏至祭なのだ。

そして、疲れたら飲んで、食べて。
1日中、夏の訪れを喜ぶのである。


すげーパワフルだぜ・笑


当の私はというと…
本当申し訳ないレベルでテンションが低いのである。

こんなにテンション低かったことが旅の中であったかってくらい。

1045196_511478682258963_1034200154_n.jpg

祭りの様子を見て、
すごいなー。
おもしろいなぁ。
と思う心はあるのだけど、どうも自分の中の何かがついていかないのです。

今にして思えば、
帰国を決める前の壁を越える儀式だったのかもしれませんね。


その後も色々と見て周り、帰宅。
日が一番長い日だというのにも関わらず、まさかの7時に就寝した私なのでした…。

本当、ロマノには心配かけました…。


そうそう。
この夏至祭で面白いのがもう1つ。

この夏至祭の木の棒。
これ自体が占いだとかの意味合いもあるらしいんだけど…

この日に7種類の花を集めて、夜、枕の下に置いて寝ると恋が叶うっていう言い伝えがあるみたい。

町の中には、片手にいくつかの花を持った若い男の子を何人か見かけました。
仲間と一緒にニコニコとしながら花を持って走っていく男の子を見ると、
なんだか甘酸っぱい気持ちになったなぁ。

きっと、地元の人もその様子を見て、優しい気持ちになるんだろうなって
勝手に想像してはほんわかするのでした。



***************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

決裂、そして別れ。

リアルタイムはラトビア・リガ。

5。
**************

スウェーデンから我々はレンタカーをして北欧を周る予定でいました。
この日は、そのことについて、最終的な話し合い。

というのも、
レンタカーそのものが思っていたよりも高いということや
運転手が私しかいなくなってしまったということ(ヒメちゃんが盗難に遭ったため免許を失った)
なんかもう、色々なことが絡み合い、簡単に決断できずにいたんです。


マクドナルドで続けられる会議。

一つ一つのメリットやデメリット。
新たに出てくる疑問などを調べて。
自分の気持ちも考え。

明るくなったり
どんよりしたり。

本当ごちゃ混ぜな会議でした。

そして
結果的に、
楽しみにしていたレンタカーの旅は中止に。

その上、
4人の旅はここで終了に。


何故そうなってしまったかといえば、
この数日後に行われる北欧最大のイベント・夏至祭。

ロマノからこの情報をもらった私はすごく興味を持ちました。
でも、みんなとレンタカーの旅だしな…と後ろ髪をひかれる気持ちでいたもんです。

ただ、
この日の会議であーだこーだと話し合い、
自分の気持ちも話し、
そして、自分の進みたい旅のスタイルとみんなの旅のスタイルにズレを感じたんです。

やっぱり私は地元の人の輪に入って色々見てみたい。
それは、みんなと一緒にいてもできるかもしれないけど、
どこかでフラストレーションが溜まってうまくいかなくなるような気がする。


そうやって、私達は離れ離れになることを決めました。

他の3人は先にノルウェーへ。
私はここに残り、夏至祭を体験することに。


ま、
旅なんてそんなもんでしょう。

って言ってしまえばそうなのかもしれないけどね。

こうやってみんなで再会して、
気持ち1つにレンタカーで駆け抜けようって言って集まったもんだから、
中々気持ちはすっきりしませんよ。

他の3人がノルウェーへどうやって行くかだとかなんだとか話してるのを聞いてるのも嫌ですもん。
わがままだけど、
みんなと一緒にいたい気持ちがあるんだもん。

だけど、その気持ちを自分の中でグッと天秤にかけるんです。
この先自分はどうしていきたいんだって。

この旅が自分に残してくれるものを考えるんです。


そうやって、自分の気持ちだけを思って決めるのも、結局はわがままなんですけどね。

まだまだ成長しきれないガキんちょです・笑


とはいえ、いつまでもうじうじとはしていられませんからね!!

会議の翌日。
この日の夜、早速みんなはノルウェーへと移動しちゃう。

なので、
近所の公園でピクニック!!

936404_487277158018974_872046986_n.jpg

北欧でピクニックとかおしゃれーーーー・笑

でも、片手にはビールーーーー!!

5916_487277471352276_1741996417_n.jpg

のんびり音楽を流したりして…
完璧にする予定だったももクロやパフュームのダンスの練習をしてみたり…

1044482_487277858018904_1602810419_n.jpg

響きはおしゃれだったけど、
全然北欧ピクニックぽくない時間を過ごしました。


ま、らしいよねー。


そして、夕方、イソイソとロマノのお家に向かい…
ありがとうの日本的サイドディッシュを作ります。

今回作るのは
・出し巻き卵
・浅漬け
・オクラ(もはや定番)

メインは、この日ロマノがマレーシア風カレーを作ってくれることになっていました。

さぁさぁ、
みんなで女子力の発揮ですよーーー・笑

切ったり、味付けたり、巻いたり、揉んだり…
むねりんは完全に見てる役。

ここだけの話、
むねりんってば、全く料理できないんですよ。
洗い物やらせてもイマイチ。

もう。
本当に私がいなくちゃダメなんだから…


は!
これはまたもや恋のはじまり?!笑

いつまでたっても、むねりんとのできてる疑惑は消えないようです…


で!!
料理も全て完成し、
みんなでいただきます!!

1013715_487277934685563_2143215306_n.jpg

179794_487278028018887_561238332_n.jpg

日本人4人組は、
自分たちの出来に涙が出るくらいに感動。

ロマノもおいしいといいながら沢山食べてくれましたしね。

ただ、ロマノのイケメン息子は元々野菜が嫌いなようで…
しかめっ面で食べてました・笑


イケメンだから許そうっと。

そうこうしているうちに、
みんなの出発の時間が…。


あっという間にさよならで寂しいけど、
仕方ない。

みんな、元気に旅してねーーー!!
またどこかで合流しましょうねーーー!!!



次回予告!!
衝撃の展開!!思いもよらない事態が!!!

*************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

救いの手があの方から。

リアルタイムはエストニア・タリン。

6。
*************

ストックホルム…
実はここではもう1人仲間と落ち合う予定だったのですが…

その仲間とは。

私が会いたくて止まなかった人。
マサヨ様。


マサヨ様は、ヒメちゃんの中学の友達で
世界一周中という方。

私のブログに最初にコメントしてくれたのもマサヨ様でした・笑


すでに、
マサヨ様の存在は知っていたけど、
今まで会う機会はなく…
ましてやコンタクトなんて取ったこともなかった。


そんなマサヨ様との初対面。

まーーー、
あっさりとしたお方でした・笑


ここで仲間は4人になりました。



さて。
話は変わりますが…

北欧。
さすがに物価が高くって、ビックリな状況です。

宿も驚きの高さです。
ドミですら3000円以上は当たり前です。


くぅうううう。
痛すぎる。

そんなわけで、
ここでもカウチサーフィンにトライ!

だったんですが…
うまくいきませんでした。

なので、とりあえず宿を1泊だけ取って…
どうするか決めようってことだったんですがね。


えーと。
ここまでの話でピンと来た方っているんでしょうか?

ちなみに、
うちのお母さんにこの話をしたときはピンと来てくれました・笑


かつて、
私がマレーシアを旅していたときのことを覚えていますでしょうか?

はい。
あの時出会ったロマノという方…
彼はスウェーデン在住でございました。

その後もたまにメールのやり取りをしていて、
スウェーデンに行くことも知らせていました。

「ストックホルムだよー。
でも物価が高いから1泊だけなんだけどね。」
と到着した日にもメールを送っていました。


するとどうでしょう。
「うちにおいでよ!!」
と返事が…。

とはいえ、こちらは4人の大所帯。
行けませんよー。

とはならなかったのがロマノ!

「4人なら問題ないよ。おいで!」
とな!!

前日に連絡して泊まらせてもらうなんて…
超絶ずうずうしいけど…


おじゃましまーーーーーす!!笑


そんなわけで、
ストックホルムでの2日目からはロマノのお宅にお邪魔することになったのでした。

久しぶりの対面…
待ち合わせ、緊張するーーー。


って、何にも変わらない姿でロマノ登場ーーー!!!
おしゃべり大好きなその感じも変わってないーーー・笑

大荷物を持ったアジア人ご一行様。
ロマノ邸へお邪魔しまーーーす。


って、
ここんちも、おしゃれーーーー。

ロマノって、バツイチで息子と一緒に暮らしてる男やもめなのに!!
おしゃれすぎっ!!!

うちのお父さんも言ったら、
ロマノと同じ立場なのに…
ため息出るようなファッションセンスのなさだからな。

なんだかなーーー。

悲しんだところでどうにもならないので諦めるか。

600173_487271984686158_2048654802_n.jpg

恒例のできてる風も。

8632_487272004686156_917145747_n.jpg

そして、
この日はそんなロマノの手料理で歓迎してくれました。

突然やってきた日本人たちにこんなに優しくしてくれて…
しかも何日でもいてくれてかまわないからと言ってくれて…
ありがたい。

人の優しさと、
人との出会い。

旅のはじまりで出会った仲間と、
旅のはじまりで色々と考えさせてくれた人の家にお邪魔する。

それもアジアから遠く離れた北欧で。

こんなに幸せなことってあるか?

色んな出会いがあって
色んな別れがあって
そしてこうやって、色んな再会がある。


人の環が繋がっていくことが本当に幸せなことだって思える。
うざい?笑

でも、本音だもん。
仕方ない。


その翌日…
むねりんと私。
ヒメちゃんとマサヨに別れて行動開始!!

私達は前日に出会って興味深かった日本人の女の子について歩くことに。

彼女は大学を休学して旅に出てきてるんだけど、
その旅の理由は「陸上」

陸上競技に視点を置き
ヨーロッパ各地の大会や、陸上競技場を訪れてみているそう。
そんな彼女のブログはこちら。

陸上に熱い彼女のブログ。

彼女と一緒に歩いて地元の陸上トラックのある場所へ。
地元の陸上選手のインタビューをしたいということで各地でこうやって訪れているそうなんだけど、
無計画で来ているため、はずれに終わることも多々あるみたい。

この日は子供陸上教室みたいなことをやっていたから、まだ当たりの日だったのかな??

おもむろにノートとカメラを取り出しメモったりなにやらしだす。
こうやって、練習内容だとか気づいたことを書き留めているんだそう。

そんな様子を見たり聞いたりしていると、
おばさんとしては…
彼女はまだまだ、思いで走ってる部分が大きいと思うけど、
今はまだ荒いと思えるものが、少しづつ形になっていくんだろうなー。
熱い気持ちがあれば!


問題意識を持って、将来のためにこうやって旅をしている彼女と話してると
若さ特有の真っ直ぐさっていうのかな?
そういうのを感じて、自分も何か頑張らなくちゃなって思えてくるから嬉しい。

日本にいるときはそういうがむしゃら若者のことに中々首を突っ込もうとは思わず、
自分の生きてる範囲での世界ばかりを見てきた。

だけど、
旅に出てみると
自分の知らなかった世界がグンッと近づいてきて
楽しい興味がどんどん溢れてくる。

未知がこんなにも恐ろしく輝いたものだったとは。


いい日だった。

photo by hime.Thank you!!
*************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テロに遭った日。

リアルタイムはエストニア・タリン。

7。
**************

イケメンパラダイスから一夜明け…
出発の朝。

延泊させてくださいの一言をグッと抑えて、
さよなら、ラッセー・ミッケル!!

942036_487262534687103_361750216_n.jpg

って、2人は出かけたため
家に残される我々。

あれ?
絵面おかしくない?!笑


そんなわけで、
この日はコペンハーゲンから移動して、
目指すはスウェーデン・ストックホルム!!

ちなみに、
プランはほとんどない!!
一応調べてみたけど、出たとこ勝負ってことで出発。

一先ず、電車で国境方面の町へ移動。

着いたのはマルメーっていうところ。


ここからどう移動するか。

バス…本日なし!
電車…ファーストクラスのみある。クソ高い。

3人でヒッチハイクする案。
この町で駅泊して早朝出発する案。

悩む悩む…
そこでむねりんが一言。

「電車の料金は直前に安くなるパターンがあるって聞いた気がする。
もう一回、窓口で聞いてみよう。」


よし。
じゃあまぁ行ってみようじゃないか!

英語堪能な2人に窓口で聞いてもらって、
私は遠巻きに荷物見守り係を担当する・笑


すると、ヒメちゃんが

「8分後にセカンド空いてるって!!」

「いくら?!」

「明日の朝より200(約3000円)くらい安いよ!!」

「行こう!!」


窓口のお姉さんの仕事の速さにも感動だったけど、
あのときの3人の動きっぷりにも感動したわ・笑

決めた瞬間の心の一致…
からの流れるような荷物さばき…
駆け抜けるホームまでの道…


いやーーー、
達成感に満ちたね。

そんなわけで、
無事に電車へと乗り込んだ我々。
車内ではしゃぎ。

9366_487262641353759_588655528_n.jpg

ぽけーっとしてるうちにストックホルムに到着。


この日は、宿もないのでここで駅泊…
の予定が、
ストックホルムの駅は0時にクローズ!!

締め出されます。

困ったときのマクドナルド。
駅のすぐそこにあって、朝5時までやっているよう。
駅が開くのが5時だから調度いいねーなんつって。

WIFIもフリーだし、
眠いし疲れてるけど、頑張れそう。

そう。
頑張ってたんです。

あのときまでは…。


朝4時頃。

急に店内から外に逃げ出す人々。
どうしたんだ?って不審に思ってると
鼻にツンときて、むせて咳き込みだす。

これやばいパターンのやつや!!

荷物を抱え、外に逃げ出す。


ここは北欧。まだまだ外はクソ寒い。

店内から客はほとんどいなくなったのに、
何故か店員は普通に働き続けている。

あれ?
なんだこれ??

状況が把握できないままだけど…
多分、掃除の薬品かなんかだったんだろう。

混ぜるな危険!

を混ぜちゃった的な?


うちら、
完全に薬物テロに巻き込まれたかと思ったよ…。

違ってて安心したけど、
北欧のイメージ違うよ。ここ。

さっきから
小汚い感じのホームレス多いし、
デロデロに酔っ払った若者多いし、
すんげー激しく言い争ってる黒人いるし。

なんか、
治安悪くない?笑


怖いし寒いし帰りたいよーーー。
1時間外で待って、駅へ戻って寝ました。

296177_508998322506999_1850743941_n.jpg

1011936_508998325840332_1605758836_n.jpg


さ、
いい時間まで寝たので、
宿に行きましょうかね!!

あーーーー
疲れたーーーー。


**************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。