「14カ国目・ドイツ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むねりんと出会う。

リアルタイムはノルウェー・ベルゲン。

物価クソ高い。今までの節約全て消えた気分・笑
*************

ベルリンで過ごす最後の日。
この日はどうやって過ごそうかと考えた結果、前回書いたベルリンの壁のアートなところと、
ユダヤ博物館なるところに行ってみることに。


ふんふん息をまいて準備していると、
むねりんからメッセージが。

実はむねりんも同じ時期にベルリンに滞在していたのですね。
でも、むねりんはギャンブラー・笑
カジノで頑張って仕事することがベルリン滞在のメインですから…
私なんか相手にしてもらえませんでした・笑

でも、この日ついに!!
むねりんが私のことを気にかけてくれたのです!!


ということで、
むねりんも一緒にベルリン観光。

あれ?
みんなむねりんのこと覚えてる??

俺はトラブルメイカーのむねりんなんだけど…
忘れてしまった人はこちらにリンクなんて張っちゃうよ!!

タイの話にタイムスリップ。
むねりんのブログ。

思い出しました??
いやー、タイのパーイ以来の再会なんですよ。
この頃むねりんじゃなくて横井くんって呼んでるね!
そりゃみんな思い出せないよね!!笑

メッセージで待ち合わせについて決めて、いざ!再会!!


「むねりーーーーん!!!」

と大きく手を振るも…
反応乏しく、そのままこちらに歩み寄るだけの彼。

うんうん。
むねりんはそういうキャラだったよね・笑


感動の再会風ではないけど、
久しぶりにむねりんに会えて嬉しい!!

そんな流れで早速ユダヤ博物館に。

むねりんは6日ほどベルリンに滞在していたらしいんだけど…
まさかの今日がはじめての観光日。

どこも見に行っていないらしい。
今日も私が誘わなかったら、どこも行かずに終わっていたらしい。

彼らしい旅のスタイルだわ!!
潔すぎてかっこいいわ。

さて、
ユダヤ博物館ですが…
珍しく日本語ガイドがあるではありませんか!

お金はかかるけど、
説明聞かないと何なんだかさっぱりなので借りることに。

前半はぶっちゃけ、しくじったと思うような内容だったんだけど…
というか、興味が湧かない内容だったんだけど。

後半になるにつれて、
歴史的な背景も絡むような内容に興味が湧いてきて面白く感じた。

1012111_501556583251173_1912822400_n.jpg

「差別」ってなんなんだろうなぁって
考えるようになった。

海外に出てみて、
たびたび考えざるを得ないような状況に出会う。

アジア諸国でもそうだったし、
ヨーロッパでもそう。

ユダヤ人の歴史も差別に尽きるような気がする。

あんまり詳しくないからえらそうなことも言えないし、
適当なことしか言えないんだけど…

そもそもユダヤ教自体が差別的なような気がするんだよね。
ユダヤ人自身が差別化を持った仕組みをしているというか。


ここらへんは本当よくわかってないから、
もっと深く学びたいなって思うところなんだけど。

アウシュビッツにも行きたいから、
是非ともその前までには色々と自分で知識を蓄えておこうっと。

今はまだ無知です…。

旅に出なかったら、
いろんなことに無知なままで過ごしていたんだろうなぁって思うと、
怖い。

知らないことほど怖いものはないってね。
本当その通りだね。


そもそも、そんなレベルで旅してるのかよ?って話なんだけどね・笑
こんな私でも旅できてます。
多分、成長できてます…。


さてさて、話は戻り…
そんなテンションでユダヤ博物館を回り終えて、
ややお疲れな我々。

おなかもすいてきたけど…
周りにはめぼしい食事どころはなさそう。

もうこのまま壁まで行っちゃおう!!
ってことで、その足でベルリンの壁へ。

壁については昨日書いたとおり。

端から端まで、見て歩き、
もう一息頑張って歩いて、TVタワーの辺りまで移動。


というのも、ホストのヘンリーが勧めてくれたレストランがあったから。

おなかペコペコで、
ドイツビールにも飢えていた私達。

おすすめレストランに着くなり、
ビールとソーセージ。
ドイツの名物料理であるハイセー?なるものを注文。


これがまーーーーー、
うまかった。

酒もうまいし、
飯もうまい。

996789_501557336584431_2034691697_n.jpg

946421_501556979917800_2011681630_n.jpg

言うことなし!!

2人で満足してさよなら。

またね!
むねりん!!

また会う日まで!!!


それは
一体いつになるのでしょう…。


***************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ベルリンといえば、壁だよね。

リアルタイムはノルウェー・ベルゲン。


************

ベルリンといったら、やっぱり1番に思いつくのが壁じゃあないでしょうか?

私はそうでした。


歴史に疎い私でも知っている歴史的な場所。
でも、
なんで歴史的な場所なんだ?

ベルリンの壁があった背景がよくわかんない。

東西に分けられていたっていうことはわかるんだけど…
うーーーん。


そんな状態のまま観光に行っちゃうのが私。
前もって調べるべきなんですけどね。

中々そこらへん、成長しません。

しかも、行った後に調べるのが私流。
というか、思いつきで行動してるのがまるわかりですね・笑


さて、
ベルリンの壁ですが。

発端は第二次世界大戦。
日本とドイツは同盟国でした。

日本が敗戦国であるということは、同盟国であったドイツも同じこと。

日本の領土が分割占領されたということは、同盟国であったドイツも同じこと。

しかも、
ドイツの場合、東ドイツの中にあったベルリンという首都も分割占領したわけなんですね。

えーと、
この場合、
アメリカ・イギリス・フランス・ソ連の4カ国でですね。


この4つの国の大きな違い。
資本主義か社会主義か。

壁ができた理由はここにあったわけです。

最初は同盟国として仲良くしていた4カ国。
でも次第に関係は悪くなり…

占領した地域で制度が色々と違うわけですよ。


自由な西と制約の厳しい東。
人々は次第に西へと移っていきますわな。

すると、
東としてはいかんわけです。
働き手がいなくなれば、社会は回っていきませんからね。


ここで始まったのが、
壁の建設。

東ドイツの中にぽつりと壁に包囲された西ドイツである西ベルリン。

これがいわゆるベルリンの壁と呼ばれるもの。
ベルリンはもちろん、
東西ドイツの国境にも地雷やら何やら、自由に行き来できないように厳しい壁等が築かれていったんだそう。


壁のはじまりが
第二次世界大戦だったってことも知らなかった無知な私。
全く、お恥ずかしい話です。


はてさて、
それでは何故、壁は崩壊したのかっていう話ですけどね。

色々とあって、
壁が意味を成さなくなったんです。

要するに、東の人間が西に行ける手立てが現れたんです。
その結果、東ドイツは自由な出国を認めることになりまして。

その知らせを聞いた人々が壁に押し寄せて、
壁崩壊となったわけですな!

その間、約28年。
私が調度28歳なので、生まれてから今までの間。
ずーーーーっとそこに壁はあり続けたことになりますね。


改めて知ると、
本当。
すごく興味深い歴史。

てな前置きで、
ベルリンの壁観光について書いていきますよーーーー。

今回の記事、
私わりと頑張ってるね!!
と自画自賛しておく・笑


ベルリンの町を歩いていると、
道の途中に時々レンガの線が現れる。

実はコレは元々は壁があったというしるし。

知らずにいると、本当気付かない。

7102_500055923401239_1931149739_n.jpg

私はヘンリーに教えてもらって知ることとなったのですが…。
気にして歩いてみると、ちょこちょこあるもんです。
本当、町中に壁は立っていたんだなぁって実感します。


実際の壁も、所々に残っています。
町の栄えた駅にも。

179740_501227676617397_741532016_n.jpg

ダリ美術館の横にも。

971637_10151375278591653_1732218049_n.jpg

一番有名なのは、
このずらっと並んだ壁のアート群でしょうかね。

1000906_501556669917831_222390848_n.jpg

ベルリンの壁の公園なるところにも行ってみました。
ここは、町中のキャッキャした感じと違って、
ズシリと胸に重さが乗っかってくるような場所でした。

8675_501227956617369_972243158_n.jpg

壁があるのはもちろんのこと、
壁がどんな風に作られていたのか。
どんな風に監視されていたのか。
壁を越えようと試みて射殺された人々の遺影。


無知だった私にも、ここを訪れたときはどれだけ壁が大変なものだったのかを感じさせられました。
今となって思うと
なおのこと、壁の存在が人々にどれだけの影響を与えたのか…
すごく響いてきます。


そう。
突如現れた壁のせいで東西で家族が離れ離れになってしまったというケースも多々あったそうです。

ただ自由を求めただけでなく、
家族に会いたい一心で壁を越えようと試みた人もいたでしょう。

遺影の中には、
まだ赤ん坊といえるような年齢の子もいましたし、
小学生にも満たない年齢の子もいました。

どれだけの思いを抱えて、
当時の人は命を懸けたんだろう。


戦争が終わってもなお、
戦い続けた人々。

日本とはまた違った形で、
戦後を駆け抜けてきたドイツ。


もっと歴史に興味を持つべきだなって反省しました。

いろんな意味でドイツ…面白い国だ。


*************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

夜の徘徊ベルリン。

リアルタイムは北欧のどこか。

ちなみに、どうでもいいけど、今日は弟の誕生日です。
おめでとう。

**************

パスポート更新を終え、
無事にホストの家に戻ってきた私。

そこでヘンリーが一言。

「今日、韓国人の子が泊まりにくるからー。
前にうちにカウチサーフィンに来たことがある子なんだけどね!
夜、みんなで韓国料理食べにいこうか??」

おぉ…
初日のドミトリー状態から、いつの間にか1人になっていた私。

またもやドミトリーになるのですね!!


と、若干楽しみ・笑


しばらくは部屋で休憩して、
ヘンリーがお迎えに行って…

ご対面!

可愛らしい韓国人のウンジュ!!


まぁ、親しみやすい子。


しばし歓談し、3人で韓国料理へ。

ウンジュは現在トルコでトルコ語を勉強中なのだとか。
トルコ語も日本語や韓国語と文法が似ているので学びやすいんだとのこと。

うーん。
あえてのトルコ語っていう選択が面白い・笑

そんなわけだから、
韓国料理が恋しいんだそうな。

とはいえ、
ここはドイツ。

日本料理もそうだけど、海外で出される郷土料理ほど当たり外れのでかいものはない!!

ウンジュもそう考えていて、最初あまり乗り気ではなかった・笑


だがしかし。
実際に行ってみると、そこは韓国!!
注文も韓国語でできちゃうし!!

ウンジュは全てが嬉しいようで、めっちゃ、はしゃぐ!!


頼んだのはキンパという韓国風の海苔巻きとビビンバ。

1口食べて、ウンジュ。

「おいしいーーーーー!!嬉しいーーーーー!!!」

今まで以上のはしゃぎっぷり。


その様子がまぁ、可愛いのなんのって。
韓国の子って、
最初は笑わなくて、つっけんどんな感じの子が多いイメージですけど
内に入ると、本当感情豊かな素敵な子が多いと思います。

こういうストレートさって、
ある意味最も私には欠如したものだと思っているので
すごくうらやましい!

真似でもしてみるか!って思ってみても、
どうも、行動そのものが浮く感じ・笑


うーーーん。
どうやったら自然にそれが出せるようになるんだろうか。
帰国後の婚活に向けての課題です。


さて、
韓国料理を満喫した私達は、
夜のベルリン観光をすることに。

これが、
私にとっての地獄となるわけです・笑


広いベルリンの町をただただ歩く。
観光スポットではしゃいで写真を撮る。
その間、ずっと英語で喋る。
というか、日中もこの日は大分歩いてる。
もっといえば、日中も同じところ来た。


では、写真をどうぞ。

1005122_10151375277126653_1054238592_n.jpg

ヨーロッパ一高いというTVタワー。

971637_10151375278591653_1732218049_n.jpg

ベルリンの壁。なんだけど、この横は日中に来たダリ美術館。

1012105_10151375277441653_1307153158_n.jpg

ベルリンのシンボルらしく、そこらじゅうにいるクマと。



あーーーーー疲れたよーーーー!!
帰宅時間2時とかだよー。
眠いよー。

と、ひとしきり文句言いましたが・笑

夜のベルリンは綺麗だね。
こんな機会がないと、夜の町を歩くなんてことはあまりないから
結果的には良かったと思う。

1人だと確実に来ていないようなところに行ってるし。
有意義!


ムスリムの国、トルコ滞在中のウンジュにしてみたら
こんな風に夜まで女が歩けるなんて、なんて素敵なんだ!
ってすんごく嬉しそうにしてたし。


私はまだ行ったことがないからイメージ湧かないんだけど…
ここで話したことは、きっとトルコに行ったときにまた思い出すんだろうなぁって。
それもまた楽しみ。

帰宅後はみんな即寝しました・笑


***************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

何で素直に観光とならないのかしら…。

リアルタイムはスウェーデン・ストックホルム。

今日はやっとの移動日ですよー。

************

さて、
パスポート更新の間…
何をしてたかってことなんですが。

遠くに行くのは交通費がかかってもったいないし。
かと言って、歩き回るのもしんどくって嫌だ。


どうしようかなー。
と悩みつつ、日本大使館を出て、適当に歩き出すことに。

するとどうでしょう。

なんだか知らないうちに近代的な場所にたどり着いたではありませんか・笑


するとするとどうでしょう。

そこらへんに私の好きなダリの美術館を記す看板が現れたではありませんか!

ダリ美術館っていえば、スペインじゃないのかしら?と疑問に思いつつ…
早速行ってみることに・笑


入場料はややお高めでしたが…
まぁまぁ。
興味のあることには惜しみません。

ダリの世界へレッツゴーーー!!

947121_501227639950734_331225220_n.jpg

と、ダリとは何ぞや?
ですよね??

えーと、
芸術家です・笑

絵画だけではなく、彫刻なんかもしてるし…
というか、彼の存在自体が作品のようだし・笑

私はシュールレアリズムな世界が好きなんですけど、
彼の表現する世界はシュール。

シュールなんだけど、中には彼らしい宗教画なんかも沢山あって…まぁ、面白い。
飽きない人です。


そんなダリの美術館なわけですが。
こちら写真禁止でございまして。

写真はないですが…
まぁ、面白い展示でした。

思っていた以上に展示品が多くあり、見ごたえ満点!!


見に来ている人も思いのほか多かったけど、
ゆっくり見て周れないっていうほどではなかったし。

うん。
いい時間つぶしになりました・笑


とはいえ、
まだまだ時間はたっぷりある。

うーーーーん。
悩みながら地図を広げてみる。

適当に近場の観光スポットを巡ってみるか!


ということで、
本来はこっちが観光のメインとなるでしょうが…
どうぞご覧ください。

まずは、ベルリンの壁。

179740_501227676617397_741532016_n.jpg

壁に関してはまた後日、記事を書こうと思っています。


お次はユダヤ人の慰霊碑モニュメント。

943612_501228149950683_1698094438_n.jpg

お次はドイツ統一の門。

1614_501228519950646_2025785750_n.jpg

はたまたベルリンの壁の公園。

8675_501227956617369_972243158_n.jpg

ふう。
こんな感じでグルグル周ってきました。

972002_501228603283971_718654615_n.jpg

そして、無事にパスポートをゲットして、ホストの家へ帰ったわけですが…。

これがまぁ、
まさかのヘトヘト事件が待ち受けていたのです!!


次回へ続く…?


*************
世界一周ランキング参加中!!⇒ブログランキングについての説明記事はこちら。
※スマホ版で見てる方はPC版に変換しないとポイントが入らないようです…PC版にしてクリックーーー!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

海外でパスポート更新をしてきました。

リアルタイムはスウェーデン・ストックホルム。


****************

ベルリンに、今のタイミングで来なければならなかった理由がありました。

それが、
パスポートの更新!!

準備編のときにも書きましたが、私のパスポートは今年の11月で有効期限が切れてしまいます。
出発時には有効期限が1年以上残っていたので、日本での更新をすることは叶わず…。

でも、
役所の人はこう言いました。

「日本大使館に行けば、日本よりも簡単にパスポート更新ができますよ。
戸籍謄本とかもいらないし、すぐ発行できますから。」

なるほど。
それならば、心配することもないか…
どこかで更新すればいいだけだし。

ただ、ビザが必要な国だったり、すでにビザを持っていたりするとまた大変になるので
そこらへんは注意が必要ですが。

何とかなるなら、大丈夫っしょーーーと安心していました。


んで、
ビザが必要だったインドを抜けて…
ヨーロッパ突入。

実はイギリスで早速、
日本大使館に行ってきていたんですねー。


でも、
記事にしなかったことからも何となく察しがつくように、
簡単には物事進みませんでした!!笑

イギリスの日本大使館では
即日発行というものは遠隔地に住んでいる人だけらしく…

旅をしていて、明日にはロンドンを離れるという私でも
今現在ロンドンに滞在しているなら発行できませんと。


まじか…
そのときになってやっと事態を真剣に考え始めた私。
適当すぎるーーー・笑

これから行くであろうヨーロッパの国の日本大使館のホームページに飛んでは
パスポート更新に関する情報を調べる。

が、
どこも発行までに1週間はかかると書かれている。
これはまずい。
今後の旅計画に大きく関わる問題ですぞ。

これ。

12日にデンマークに行くことが決まっていたので
それまでに1週間もどこかの町に滞在なんて事は考えられない…。

そして、
たどり着いた情報が、
ベルリンの日本大使館は遠隔地の方のための即日発行を行っているとな!!


よし!
いざ、ベルリンで再チャレンジだ!!!

とまぁ、
私がベルリンに来たのはコレが大きな理由だったりするのでした。

いつも忙しいであろう大使館の方には申し訳ないが…
ごめんなさい。
遠隔地に滞在していると嘘つかせていただきます!!

しっかりと嘘の滞在先の住所も用意して…
月曜日。

ベルリンにある日本大使館に足を運びました。


色んな状況を想定しつつ…
しっかり嘘を固める私。

セキュリティーを無事に通り、
いざ!
申請!!


「パスポートの更新に来たんですけど…
えーと、即日発行希望なんですが…」

『あ、はい。わかりました。5年用と10年用どちらにしますか??』


あれ?
何も聞かれずすんなり物事進んだぞ??

どんどんと事はスムーズに進み…
なんと、遠隔地とかじゃなくても普通に即日の更新発行できちゃいました・笑

多分、多少金額は高めでしょうが。

最終的には世界一周中であることも、
今滞在がベルリンであることも全て話してるっていうね・笑


係りのおばちゃんもいい人で、
『まぁーーー、いいわね。世界旅できるなんて。
でも、気をつけなさいよー。』

なーんて、世間話しちゃったくらいにして。


イギリスとはビックリするほど違っていて、
新鮮でした。


そして、
夕方、無事にパスポートを受け取りました。


いやーーー、
なんだかんだあったけど、更新できてよかったーーー。

実は今まで5年用だったのですが
今回10年用に変えました。


赤色パスポートがえらく新鮮です!
まっさらなパスポート。
しばらくはEU諸国を回る予定なので、まっさらなまま…。

どこの国のスタンプからこのパスポートの旅は始まるのかな??
普通なら日本のスタンプから始まるのに、
異国から始まるって…なんかワクワクなパスポートだね!!

969074_500596136680551_680449129_n.jpg

***************

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。